Event Report

【Fusion360学生アンバサダー企画】 経営学部Fusion360学科誕生?!トイカメラをモデリングしてみよう!


こんにちは!Fusion360学生アンバサダー、神奈川大学チームの辻と石附です。
※学生アンバサダーについてはこちらをご覧ください。 http://www.fabcafe.com/tokyo/blog/fusion360_ambassador_kickoff?lang=ja

12月19日に行われた神奈川大学のワークショップの様子をお伝えいたします!
突然ですが、私たちは経営学部生です。Fusion360というと理系やデザイン系の学部の学生が使用しているイメージがありますが、経営学部にだって使える場面はたくさんあります。

例えば、商品についてのプレゼンテーションをしたいとき。自分のイメージにピッタリの色、形をした資料を載せることができたら、相手にもきちんと伝えられると思いませんか?さらに神奈川大学のパソコンにはすでにfusion360がインストールされています。 しかし、そのことを知っている学生はごくごくわずか、、、
今回のワークショプは、Fusion360の良さを知ってもらうきっかけを作ることが私たちのミッションでもあります。ワークショップを通し、経営学部でFusion360を生かしていく方法やFusion360の楽しさを伝えることを目標に挑みました!
嬉しいことにこの日は定員一杯の30名が集まってくれました。ありがとうございます!


そして今回はAutodesk Fusion360エヴァンジェリストの藤村祐爾さんにゲストとして登壇していただきました!ワークショップの前半では短い時間ながらもFusion360の魅力と説明を楽しいトークとともに披露してくださいました。


「Fusion360は初めて!」と言っていた参加者も引き込まれるようにお話に耳を傾けています。

そしてワークショップ後半です。
いよいよトイカメラのモデリングをしていきます。
「身近なものをモデリングすることが出来たらFusion360のおもしろさが伝わるのでは」と考え企画し、基本的なコマンドを繰り返し使ってFusion360の操作に慣れて欲しいといった思いからトイカメラをつくることに決めました。スケッチ、押し出し、シェル、フィレットのみで初めての人でも簡単につくることが出来ます。
後半戦は学生アンバサダーでレクチャーをさせていただきました!


前半の藤村さんのレクチャーのおかげでみなさんスラスラとモデリングしていきます


カメラの形が少しずつ完成してきます。

レンダリング機能は再び藤村さんにバトンタッチです。レンダリング機能をすることで質感や色を自由自在に変えることができたり、グッと本物に近づいたりするところには、学生からも驚きの反応が見られました。


1人1人個性あふれるトイカメラが完成していきます。

モデリング体験が終了したところでこれからどんなことにFusion360を使っていきたいかをテーマにプチアイディアソンを行いました。レンダリング機能で簡単に質感や色を変えられるところがお買い物の際にイメージするのにピッタリだと思った、など経営学部らしい回答も飛び出し、今回のコラボレーションのおもしろさを実感しました。

最後になりますが、経営学部×Fusion360というテーマのワークショップを行うにあたり 私たち学生アンバサダーも新しい経営学部の姿を考えるきっかけになりました。実際に頭の中で考えているだけでは見えてこなかった部分を発見できたり、これまでとは違う見方でアプローチや発表ができるようになるな、と感じました。

今回この機会を紹介してくださった道用先生は 経営学部の学生はマーケティングリサーチの手法などを学び、その結果を使って商品提案する際でも パワーポイントで作った簡単な図や言葉でしかその商品を表現できないため、学生達が作る資料は素人感満載のものでした。 これでは、いくら良いアイディアを持っていてもなかなかその良さが伝わりません。

Fusion360を使いこなすことできれば、レンダリング機能を使って実物に近いイメージ図を作成できたり、必要であれば、3Dプリンターで出力することによって資料の質が確実に上がります。

学生はFusion360を無料で使えるので、経営学部の皆さん(特にマーケティングや商品企画に興味がある学生)には積極的にFusion360を使って欲しいと思っています。 とお話してくださいました。

今回のワークショップに参加してくださったみなさんと、そして私たちアンバサダーも、これからもっとFusion360で新しい経営学部の形を作っていきたいです!

最後はFusion記念をパシャリ!

私たちもみなさんの楽しかった!の一言がとても嬉しかったです。 本当にたくさんのご参加、ご協力ありがとうございました!!!

Comments: