News&Topics

Open Design Gift 「素材」×「型」×「デザイン」を自由に選んで、オリジナルをつくろう!


Open Design Giftとは

「Open Design Gift」 は、国内外を旅しながら「参加と共創」をテーマにプロジェクトを行う「KULUSKA」さんと、FabCafeが一緒に取り組む新しいプロジェクトです。藤本直紀さんと藤本あやさんによるものづくりユニットKULUSKAは、デザイン新たなの形 ” オープンデザイン” をテーマにしたものづくりを行っています。

”オープンデザイン”としてKULUSKAさんが配布しているパターン(型)は、ユーザーが自分で大きさを変えたり、カスタマイズすることが可能。例えば、カードケースの型を大きく拡大して、おしゃれなクラッチバックとして制作したり、留め具のアイテムを変えてオリジナリティを楽しんだり、カスタマイズを自由に楽しめます。
 

Open Design Giftの楽しみ方

Open Design Giftは、3ステップで楽しめるものづくりです。「素材」「型」「デザイン」を自由に選んで、思いを込めたアイテムを作ることができます。
 

STEP 1. MATERIAL : 素材を選ぶ


まずは素材選びからスタート。FabCafe店頭では、色も厚さも手触りもそれぞれ個性的な5種類の革をご用意しています。「ダークブラウン」「キャメル」「ゴールド」「ブラウン」「グリーン」の中から、実際に自分の手で触れて「ピン!」とくる革を選びましょう。


革の種類を決めたら、アイテムをつくる部位を選びます。同じ一枚の革でもよくみると手触りやキメ、色の濃淡など様々な表情があります。これから一緒にどんな生活を共にするか、革の風合いを育てることを前提に、革と対話しましょう。


STEP 2. PATTERN: 型を選ぶ

 

「(A) カードケース」「(B) キーケース」「(C) キーカバー」「(D)ブックカバー」の4種類から「パターン(型)」を選びます。(「ブックカバー」のみ近日サービス開始となります)

A) カードケース


FabCafeでも人気キットだった「旅するカードケース」が本プロジェクトに合わせてリニューアルされました! 名刺やショップカードなどが入るカードケースは、使うたびに深みが増して愛着のある色に変化していきます

 B) キーケース


鍵が取り出しやすいデザインとなっているキーケースは、毎日使う大事な鍵を守ってくれます。毎日必ず手で触れるものだからこそ、お気に入りのものを持ちたいもの。

C) キーカバー


直接鍵につけるキーカバーは、2個組での制作となります。家の鍵と会社の鍵につけたり、お友達や大切な人とおそろいで身につけるのもいいですね。


<パターンのカスタマイズも可能!>
KULUSKAさんが提供するパターン(型)は、オープンデザインとして配布されているので、自由にカスタマイズすることが可能です。例えば、カードケースの型を大きく拡大してクラッチバックとして制作したり、自分の鍵の数に合わせてキーケースの長さを変えたり。大きさを変えるだけでなく、留め具のアイテムを変えるなどのカスタマイズも可能です。ただし、データのカスタマイズ、変更はお客様ご自身でお願いしておりますので、初めての方には、まずはオリジナルパターンでの作成をお勧めします!


型を選んでレーザーカッターで切り取ったら、出来上がりはもうすぐ。自分で選んだ革そのものの表情を生かし、このままで完成にしてしまうのももちろんOK! シンプルで味わい深い、育てていくアイテムが完成です。
 

3. DESIGN : デザインを加える


自分で選んだ革の個性を生かし、STEP2で終えてしまうのももちろん可能ですが、レーザーカッターやUVプリンターを使うと、革にデザインをプラスすることができます。

料金について

料金は選ぶ革の種類によって変わります。標準のパターン(型)を使った場合の値段は次のとおりです。
カードケース ¥2,800 ~
キーケース ¥3,600~
キーカバー ¥1,000~
*ダークブラウン・ゴールド・グリーンの革を使用する場合は上記の価格から+¥500になります

STEP3で、デザインを加える場合は、マシン別の別途加工代が必要になります。
レーザーカッター利用 +¥800
UVプリンター利用 +¥1,500

 

KULUSKAについて


KULUSKA(クルスカ)は、服飾デザイナー・革職人の藤本直紀と、デザイナー・ライターの藤本あやによる”ものづくりユニット”。

全国各地を旅するなかで、子どもから大人まで、みんなでものづくりを体験できる場をつくっている。「自分でつくるワークショップ」、「自分でつくる教室」。プロダクト開発、連携プログラムの実施、執筆、登壇など幅広く活動している。鎌倉を拠点に住み開きした、暮らしとものづくりの実験室「LIFE&CRAFTS LAB」主宰。

国内外を旅しながら、「参加と共創」をテーマにしたプロジェクトに取り組んでいる。代表的なプロジェクトに、「旅するデザイン OPEN DESIGN PROJECT」がある。

自分の頭の中にあるアイディアを形にすることで新しいデザインが生まれる。 ネットワーク(繋がり)の中で人と人、あるいは物と人、地域と人が繋がっていく。 その地域にしかない知識をみんなで共有することで新しい物語が生まれる。 そのアイディアやデザインを見た人が、次に自分でまた考えていく。
http://kuluska-japan.com/

Comments: