Column

『宇宙兄弟』オリジナルグッズをクリエイターがつくってみた! #宇宙兄弟fabcafe


読むだけではなく、作って仲間と分かち合う!
新しい『宇宙兄弟』の楽しみ方


現在、FabCafeでは宇宙兄弟のキャンペーン中。週末は、遠くの県からファンの方がきてくださるなど、熱く盛り上がっています。

そんな中、FabCafeスタッフが「クリエイターの皆さんにぜひ挑戦してもらいたい!」と思っているのが、オリジナルの宇宙兄弟グッズ作りです。

クリエイターズ宇宙兄弟×メルカリに参加すると、『宇宙兄弟』から受けたインスピレーションをもとに自分の作品をつくり、それをメルカリを通して全国のファンの仲間に届けることができます。大好きなキャラクターをモチーフにしたり、自分に勇気をくれたあのシーンを毎日思い出させてくれるグッズをつくったり、自分のオリジナル作品を通して、漫画の世界をより深く楽しめ、かつそれを同じファンの仲間と分かち合えるのです。

この仕組みが新しいのは、「著作権者の権利を守りながら、ファンのグッズ製作を推奨・支援する仕組み」であること(詳しくは、コルク代表の佐渡島さんのブログをぜひ!)。ファンが作ったグッズのメルカリでの販売を『宇宙兄弟』が「公式」で支援しています。

今回は、『宇宙兄弟』が大好きなクリエイターのコマさんが、オリジナル作品COMAYOSEで、あのキャラクターの作品を作ってメルカリに出品した様子をレポートします。


クリエイター:駒野 美智(こまのみさと)
Fablab鎌倉で働きながら、週末は自分のオリジナル作品”COMAYOSE (コマヨセ)”の活動中。COMAYOSEは、レーザーカッターを使用してパーツを切り出し、細かい(COMA)木材を寄せて(YOSE)つくる現在版寄木細工。木材の木目が美しく国内外で行われるワークショップも人気です。以前FabCafeで行われたワークショップの様子はこちら


COMAYOSE×宇宙兄弟 オリジナルAPOができるまで

今回、宇宙兄弟の「APO」をご自身のCOMAYOSEで作ることに決めた、コマさん。まずは、データをIllustratorでつくります。



次に、APOの色を想像しながら、パーツごとに木材を選び、レーザーカッターで木材を切り出します。今回使った木材は、チーク・アガチス・パーロッサ・ペアウッドの4種類の木材。同じ木でも切る部分によっても色味に違いがあり、まさに、世界にひとつだけのAPOができそう。



パーツの切り出しが終わったら、次は「寄せ木」、木を寄せていく作業です。先ほどまでバラバラだったパーツを組み合わせていくことで少しずつAPOの形がみえてきました。パーツに接着剤を塗って、ぴったり接着していきます。接着はタイトボンドⅢを使用。耐水性なので雨にも負けません。


パーツを全て接着し終わったら仕上げとして両面をヤスリでやすっていきます。表面がつるっと綺麗になったら蜜蝋で木材を磨き、仕上げます。


完成!


可愛いAPOが完成しました!APOの体はアガチスの白っぽい部分を使用し、顔の部分はチークの木を使用しています。ポイントは「背中のお肉のたるみをレーザーカッターで表現したことと、ペアウッドのピンクオレンジ色の木材を使用したAPOの舌」というコマさん。細かいところにAPOへの思いがこめられています。愛は細部に宿るのです。



オリジナルAPOの嫁ぎ先をメルカリで募集中!


コマさんがつくったアイテムは、フリマアプリ「メルカリ」で出品中。 ​クリエイターズ宇宙兄弟×メルカリのルールに沿い、APO-BROOCHとして『宇宙兄弟』の”公式認定”アイテムとして出品されています。

出品してすぐに「いいね!」の通知が!!ファンの人たちからのリアクションがうれしい、というコマさん。オリジナルAPOの嫁ぎ先が決まるまで、ドキドキ。

漫画をもとにしたファンアートをつくり、そのアートを仲間のファンの元に届けることができる、画期的なこの試み。クリエイターにとっては、自分の作品を多くの人につたえられる、自分自身のファンの人にも届けられるよい機会です。この機会に、ぜひFabCafeでつくってみてください。

【相談会も開催中!】
「どんな風に作っていいかわからない。」そんな人にFabCafeスタッフがレーザーカッターやUVプリンター、テープクリエイターなどのマシンを使ったグッズの作り方のご相談に乗ります。19時半から22時の間のお好きなタイミングでお越しいただけます。

開催日時 :2/7(火) 19:30~
相談費用:無料
制作費用:グッズをつくる場合にはそれぞれ素材費用や機材利用費がかかります。

https://www.facebook.com/events/789410734550590/

Comments: