COMAYOSE WORKSHOP~寄せ木ブローチを作ろう~レポート

こんにちは、FabCafeのサガラです!
3月19日に開催されたCOMAYOSE WORKSHOPの様子を届けします。
このワークショップは、講師の駒野美智(こまのみさと)さんが所属するFablab鎌倉と、
漆デザイナーメーカーさん土岐謙次(ときけんじ)さんのご協力により実現いたしました。

日本の伝統技術である寄せ木と、デジタルファブリケーションの
コラボレーションのこのワークショップは、なんと大阪府や山口県から参加して下さった方も!
寄せ木への関心の高さを改めて感じたワークショップでした。

DSC00365

COMAYOSE (コマヨセ)

COMAYOSEとは、レーザーカッターを使用してパーツを切り出し、細かい(COMA)木材を寄せて(YOSE)つくる現在版寄木細工を意味しています。今回のワークショップでは、漆を麻布で固めて板状にした、レーザー加工を可能にした「乾漆シート」を使用します。「乾漆シート」とは宮城大学土岐謙次氏と、仙台に工房を構える(株)郷自然工房佐藤和也氏が開発している新しい漆素材です。漆というと、赤と黒のイメージが強いと思いますが、黄緑や青などの様々な色をつくることができます。複数の色から好きな色のパーツを選んでCOMAYOSEに張り付けて使用します。

 

ワークショップの行程は大きくわけて、以下の3つ。
①パーツの切り出し ②素材を寄せる ③仕上げ

①パーツの切り出し

今回は、あらかじめレーザーカッターでカットしておいた素材をパーツを選ぶ作業から始めます。
選ぶパーツによって印象が大きくかわるのでみなさま真剣な眼差しです。

DSC00299

▲今回使用するのはさまざまな種類の木材と、布に何層も漆を塗り固める伝統造形技法である「乾漆(かんしつ)」でつくられたシート状の漆。
お茶碗などに使われているのはよく見かけますが、この状態の漆はとても珍しく、貴重なもので参加者のみなさまも驚かれていました。
 

DSC00284 ▲たくさんのパーツを並べてみて、お気に入りの組み合わせを見つけます。

DSC00300 ▲レーザーカッターには「焼けしろ」といって焦げて消失してしまう部分が0.2mmほどあります。
その部分を計算しながら、ぴったりと合うパーツを作るには少しコツが必要です。

②素材を寄せる

これだ!という組み合わせを見つけられたら、次は「寄せ木」、木を寄せていく作業です。
切り出されたパーツに接着剤を塗って、ぴったりと接着していきます。

DSC00314

DSC00346

▲今回はタイトボンド3という接着剤を使用しました。
一般的なボンドとの違いは、耐水性なので寄せ木でお皿などを作る際にも使用できる点だそうです。
乾燥して定着するまでに、少し時間がかかるのでしっかり押さえておきましょう。
 

③仕上げ

木がひっついたら、いよいよ最後の仕上げです。この一工程で、仕上がりに大きく差がでる大切な作業です。
まずは表面をやすり、平にしていく作業です。机にやすりを置いて押し付けるようにやするとでこぼこになりません。
 

DSC00329 ▲「400番と400番のやすりをこすりあわせると800番になるんですよ」という豆知識を聞いてみんなで驚いている瞬間

表面が平に綺麗になったら、蜜蝋で木材を磨きます。
表面につやが出てとっても綺麗。これはコーティングも兼ねていて、汚れもつきにくくなるそうです。

DSC00369

やすりがけや蜜蝋など、こうした加工後の一手間で大きく印象が変わりますね。
FabCafeでも大人気の木材の加工。
こうした後加工を少し加えてみるだけで、普段の作品とは違った新しい発見があるかもしれません。

最後に、カットされた乾湿シートを接着して、完成です!

早く完成した方は、レーザーカッターでイニシャルやメッセージを彫刻しました。


DSC00372

▲もうすぐ結婚10周年の奥様へのプレゼントに。とっても素敵ですね。

完成したら、みなさんが選んだ木の種類や特徴をそれぞれ説明。
「カリン」と「パドック」が同じ木だってみなさま知っていましたか?

DSC00378

▲自分で作った作品を、COMAYOSEパッケージに入れて持ち帰れるのも嬉しい!

第二回の開催をご期待下さい!

今回のワークショップはFabCafeスタッフにも大人気!
お客様に混じって参加させて頂いていたのですが、スタッフにとっても学ぶ事がたくさんのとても素敵なワークショップでした!
次回は、少しレベルアップした寄せ木ワークショップvol.2を計画しています。
今回参加できなかった!というお客様も次の機会にぜひご参加下さい。
 

DSC00349

DSC00375

▲講師の駒野さんの作品。同じ寄せ木の技術で、こんなにも繊細なデザインも可能になるそうです。
 
今回のワークショップのポイント
①デジタルファブリケーションで寄せ木がより身近に
②寄せ木の接着材はタイトボンド3がおすすめ
③レーザーカッターで、素材同士をぴったり合わせたいパーツを作る際には工夫が必要
④レーザーカットした素材は仕上げ作業によって輝きを増す
 
レーザーカッターについてのご相談は、気軽に店頭のスタッフにお声がけ下さい。
これをきっかけにオリジナルデザインにもチャレンジしてみましょう!

みなさまありがとうございました!

 
講師:駒野美智(こまのみさと)
桑沢デザイン研究所を2012年に卒業後、ファブラボ鎌倉でデジタル工作機械のインストラクター兼作家としての活動を始める。主にレーザーカッターを駆使した現代版寄木細工、”COMAYOSE”を制作。年に一度開催されるファブラボ国際会議(FAB10)でも日本の伝統工芸の紹介としてワークショップを行った。ファブラボ鎌倉でのワークショップの他、蕾の家で行われた「鎌倉meets広島」に出店、連名(渡辺仁志,望月美憂,駒野美智)で第9回レーザーカッターコンテストで準グランプリ受賞。

 

 

漆提供:土岐謙次(ときけんじ)
漆デザイナーメーカー。京都市出身。京都市立芸術大学美術研究科博士後期課程産業工芸・意匠修了、博士(美術)。2002年頃より三次元プリンターを使った漆造形作品の制作を行う。コンピュテーショナルデザインによる乾漆(麻布を漆で固める伝統造形技法)造形制作の他、構造構造家と共同で乾漆の強度実験を行うなど、古くて新しい漆の可能性を追求。漆ジュエリーデザインも手がける。文化庁派遣芸術家、2002-04年The Surrey Institute of Art & Design, University College研究員を経て2005年より宮城大学事業構想学部デザイン情報学科助教
http://www.kenjitoki.com
http://yula-yulala.jp/


 

Comments: