Workshop

イノベーションを起こす考え方や方法論を学ぶ実践型ワークショップ(入門編)

デザイン会社 Sentient Future Labがワークショップを開催。デザイン思考に馴染みがない方を対象に、デザイン思考の全体的な理解を促し、日々の業務への活用について体系的に学ぶことができるワークショップです。
SCHEDULE
[ Start in 4 days ]
2019/10/18 (金) / 14:00 - 18:00
PRICE ¥3000
PLACE FabCafe Tokyo 詳細を見る

グローバルなデザイン会社である Sentient Future Labが、デザイン思考に馴染みがない方を対象に、デザイン思考の全体的な理解するためのワークショップを開催します。


本ワークショップで実際に手を動かしながら学ぶこと

・アイデア創出にインスピレーションを活用する方法
・「人」を中心に置いた正しい質問の作り方、聞き方
・観察によって共感を得る方法
・ブリーフを作成する方法
・プロトタイピングを使ってストーリーを語る方法
・ユーザーテストで仮説の妥当性を確認する方法

デザイン思考の範疇に含まれることは何か、どのように応用することができるか、さらには、組織のクリエイティブなポテンシャルを解放するために使えば良いかを学んでいただきます。そして、デザイン思考を問題解決に使えるようになるためのエクササイズを一つ一つ取り組んでいただきます。作り上げて形にし、検証して妥当性を確認するという一連のプロセスを演習する中で、問題解決のための新しいクリエイティブなアプローチに必要な考え方を習得することを目指します。デザイン思考のアプローチを採用し実践することで、プロジェクトを最初から最後まで実行するためのスキルとマインドセットを学んで頂きたいと考えています。さらには、行動に移す演習を通じて、受講者がこのワークショップで習得したことを自ら繰り返し実践していけるようになることを目的にします。

ワークショップに参加することで得ること

・問題解決のためのクリエイティブなアプローチの基礎を理解する
・ライフセンタードデザインについて知る
・デザイン思考を仕事のスタイルの一部に組み込む方法を知る
・アイデアを問題解決の強力な戦略の一部として繋げる

※本ワークショップは今後提供する一連のワークショップの第一回目となります。今回に限り、通常より安い価格でご参加いただけます。

※当日のファシリテーションは日本語で行われます。

ファシリテーター紹介

John Owens 

人間中心デザインを通じ、先進的なビジネス、組織、都市と連携した、新しい市場を確立するソリューションを創出し、社会的かつ環境的な向上を促すことを目指すデザイナー。PHILIPS、Fuseproject、そしてIDEOを経てSentient Future Labを創立。RISD (ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン)で学士号を取得し、Royal College of Art (ロンドン)とImperial College of Engineering (ロンドン) のイノベーションデザインと機械工学の2つの修士号を取得

Sentient Future Labについて

私たちはグローバルなデザイン会社です。デザインとイノベーションを通して、世の中で最も切迫した緊急問題を解決することに特化します。デザイナー、ストラテジスト、教育課、映像作家、データサイエンティスト、エンジニア等から成り立っています。ポジティブインパクトを追求する信念や価値観を共有する人物が集まっています。

環境の大異変や消費者の意識変革により、企業や組織はいままでになく、次の30年間、そしてそれ以降の未来への持続可能性を真剣に見つめる必要に追われています。常に移り変わる市場に対応できるよう、私たちはそれらの企業や団体と共に斬新な商品やサービスを創り出します。

より詳しく知りたい方はsentientfuturelab.comをご覧ください。

主催:Sentient Future Lab

 

[ Start in 4 days ]

2019/10/18 (金)14:00 - 18:00

参加費 ¥3000
場所 FabCafe Tokyo 詳細を見る

FabCafe Tokyo

ADDRESS
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
View on Google Maps
ACCESS 京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分
JR 渋谷駅 徒歩10分
TEL 03-6416-9190