What do you fab?

「Fab」という言葉には、大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められています。FabCafeは、その”Fab”スピリットをおいしく、楽しく、わかりやすく伝え、そして広めていく場所です。

人が集い、人が出会い、人が繋がるカフェという空間に、レーザーカッターや3Dプリンター等のデジタルデータを利用したものづくりマシン、ユニークな素材を設置。厳選された豆を使ったスペシャルティコーヒーをはじめ、京都の生産者やシェフとのコラボレーションメニューで美味しい時間をご提供します。またインターネット回線と電源を無料開放し、クリエイティブなコ・ワーキングスペースとしても利用可能です。FabCafeに集まるクリエイターコミュニティとの共創を通じて、企業や社会の課題に取り組みます。

10,000customers

FabCafe Kyotoには、海外、国内を問わず、年間10,000人のお客さまが訪れています。またFabCafeのグローバルネットワークも広がり、2018年現在、FabCafeは世界7カ国10拠点となりました。 各拠点で、ローカルのクリエイティブコミュニティを育て、そのコミュニティをグローバルネットワークとしてつないでいます。

500IDEAS

カフェに置いてあるレーザーカッターや、3Dプリンター。デジタル工作機械を使って、年間約500ものアイデアやひらめきがひらめきが形になっています。テーブルの隣に座った人がものづくりをする姿をみて、ミーティングをしていた人も、自分でも作り始めたり...。自分も作ってみたい!の連鎖が始まっています。

100EVENTS

FabCafe Kyotoでは、クリエイションとテクノロジーをテーマに年間100件以上のイベントが行われています。ものづくりのワークショップ、デザイナーや職人、研究者など様々なコミュニティが集まるミートアップ、新進気鋭のアーティストによる展示企画など、日々、さまざまなイベントを通して、参加者同士の化学反応が生まれています。

FabYou can make (almost) anything

3Dプリンターやレーザーカッターは、初めての方にも、もう自分でつくれる方にもフレンドリーなシステムです。不定期でFab体験教室やものづくりのワークショップも開催しています。京都らしい素材やカルチャー x Fabで、ものづくりの楽しさを広げます。

CafeFabulous food and drinks

京都のロースターから取り寄せるこだわりのオリジナルブレンドに、シーズンごとに入れ替えるシングルオリジンコーヒー、ほかにも日本茶やローカルの醸造所が手がけるクラフトビールなど京都らしいメニューをご用意しました。

CommunityInspire your creativity

「つくる」をテーマにしたミートアップや、多様なクリエイターを仲間に迎えて開催するイベントは年間100件以上。ヒト・モノ・コトが混じりあい化学反応を起こすコミュニティとして、クリエイターも職人も、メーカーも研究者も、観光客も地元の方も、どんな方でも訪れフラットに交流できるボーダレスでオープンな場をつくってゆきます。

また、築約110年の木造建築をリノベーションした空間と、そこに集まる特徴的な素材やツールには、「旧い/新しい」「デジタル/アナログ」が混じり合い、過去、現在そして未来を感じられる場所に。京都のクリエイティブスポットとして近年盛り上がりを見せる五条エリアに位置しています。