Party

NEWVIEW AWARDS 2018 LAUNCH PARTY

ファッション/カルチャー/アート分野の新たな表現・体験を拡張する世界規模のVRコンテンツアワードのローンチパーティ!
SCHEDULE 2018/5/24 (木) / 19:30 - 22:30
PLACE FabCafe Tokyo 詳細を見る
終了

3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓するプロジェクトNEWVIEW(https://newview.design/)は、ファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツのアワード「NEWVIEW AWARDS 2018」を、いよいよ2018年6月1日より世界規模で展開! その全容をお披露目するローンチパーティを開催します。

アワードの詳細発表、豪華審査員の紹介のほか、VR作品のライブクリエイション、クリエイタートークセッション、VR MVを作成したマルチアーティストUtaeのライブパフォーマンスのほか、NEWVIEWに参画するクリエイターが制作したVRの作品の展示・体験も行います。

超体験のデザインが世界規模ではじまる記念碑的な一夜に、ぜひお越しください。

 

タイムテーブル

19:30- Opening Talk

19:35- NEWVIEW AWARDS 2018の詳細発表

19:45- VRクリエイティブプラットフォームSTYLYの紹介

19:50- 審査員のご紹介

20:00- VR Live Creation &クリエイタートーク

21:00- VR Music Live

21:30- PARTY TIME / VR作品体験

※プログラムは変更となる可能性がございます

 

出演

VR Music Live

Utae

2016年3月、デビューEP「toi toi toi」、同年6月、EP「Night Walk」、シングル「チェンダソング」を同時リリース。

2017年、クリエーター集団によるコンピレーション「ArtLism.JP vol.7」にも参加。

2018年5月16日には「Supersonic」をリリースし、luteからMVを公開。

コンポーザー 、トラックメイカーなど多方面でマルチに活動中。

VJ:Yousuke Fuyama

 

VR Live Creation

村田実莉(アーティスト)

1992年東京生まれ。2015年多摩美術大学テキスタイルデザイン学科卒業後アーティストとして活動。ファッションの視点からテキスタイルデザインのみならずグラフィックデザイン、スタイリング、空間デザインなど活動は多岐に渡る。2017年にはファッションブランドBALMUNGのグラフィック 空間デザインのアートワークを展開。アートユニットskydiving magazineとしても精力的に活動。近年の主な活動にシブカル祭。2017(PARCO)アートディレクション、Reebok &木村カエラコラボレーション商品 販売促進ビジュアルトータルディレクション、WEGO GRAPHICSとのコラボレーションなどがある。ビジュアルのディレクションを中心に活動中。

 

□クリエイタートークセッション

大月壮(映像ディレクター/映像作家)

1977年神奈川県生まれ。東洋美術学校卒業。映像作家、映像ディレクター。3DCGから創作キャリアをスタート。グラフィック・映像などビジュアル文化と文脈を共にしながら、進化し続ける映像機器やソフトウェアと戯れ続け、モーショングラフィックス・アニメーション・実写映像・ゲーム・VR映像など様々な制作方法を身につける。商業的にはMV、ライブスクリーン映像、ファッション用、企業用のプロモーション映像などを手掛けながら、今も尚、ユーモアと実験精神を持ちつつ、たまにハイクオリティな戯れ創作活動を存続中。

オリジナル作ではニコニコ動画で話題となり、文化庁メディア芸術際入選まで果たした「アホな走り集」が有名

 

 

STEREO TENNIS(グラフィックアーティスト/イラストレーター)

ノスタルジックな時代感覚を、イラスト表現やグラフィックなどの手法を用いて作品へ取り入れ、なかでも80年代グラフィックのトーン&マナーを現代に落とし込む作風を軸とする。リヴァイヴァルでありながら懐古主義的手段を取らず、時代に沿って刷新していくデザインが特徴。多岐にわたるコラボレーションやグラフィック提供を行い、電気グルーヴ、木村カエラ、DISH//、ももいろクローバーZ、ハローキティ等、様々なアーティストとのコラボレーションやツアーグッズも手がけ、様々な企業とも積極的に取り組んで活動。最新作品は東京ガールズコレクション2018のSSのキービジュアルがある。

 

伊波英里(グラフィックアーティスト/アートディレクター)

創形美術学校ビジュアルデザイン科卒業後、ニューヨーク滞在を経て、2010年よりグラフィックアーティスト/アートディレクターとしての活動を開始。グラフィックデザインに軸足を置きつつ、映像やプロダクト、空間演出、テキスタイルなど、表現媒体を問わず多岐に渡り活躍中。近年の主な仕事に、伊勢丹新宿店ショーウィンドー、PARCO広告、NEWoMan広告などがある。

□DJ

ゴッドスコーピオン1990年生まれ。渋家、Psychic VR Lab所属。メディアアーティスト。魔術、テクノロジー、時間軸、空間軸のフレームの変化をテーマに、ラボラトリー、チームと共に作品を製作。主な作品に2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択『Stricker』。DJVR空間ジョッキー『Spatial Jockey』東京リチュアル、バンギ・アブドゥル氏との共作でVRリチュアル作品『NOWHERE TEMPLE Beta』。小林健太、中里周子との展示『ISLAND IS ISLANDS』にて『ISLANDS』。画家小田島等、漫画家ひらのりょうとの共作で『YouとHere』。chloma 2016-17 A/W Visual Art (VR)。KYOTO EXPERIMENT 2016 篠田千明『zoo』においてVR Directorなど

 

VR作品体験

こちらのWEBでも作品を映像として閲覧できますhttps://newview.design/works/ 

『paralledice』大月壮(映像ディレクター/映像作家)

 

『STEREO TENNIS NEON TOWN』STEREO TENNIS

 

『まんじゅうこわい』伊波英里(グラフィックアーティスト/アートディレクター)

 

『SWEETS_EMPIRE』ぬQ(アニメーション作家)

 

『Qiezi Mabo Forever – VR ver.』でんすけ28号(映像作家)

 

『AT THE POINT』河野未彩(アートディレクター/グラフィックデザイナー/映像監督)

 

『world of reflection』石田真澄(写真家)

 

『バーチャル大学・人間と私たち』たかくらかずき(イラストレーター/アーティスト/ゲームクリエイター)

 

『Sup』衛藤隆世(CGアーティスト)

 

『KAN-KAN-KAN』Colliu(アーティスト)

ほか ※順不同
and more…

 

2018/5/24 (木)19:30 - 22:30

場所 FabCafe Tokyo 詳細を見る
定員 150

FabCafe Tokyo

ADDRESS
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
View on Google Maps
ACCESS 京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分
JR 渋谷駅 徒歩10分
TEL 03-6416-9190