Workshop

X SQUARE

VJ及びビジュアル表現に興味を持つ方に向けたワークショップとコミュニティースペースの複合イベント"X SQUARE”(クロス スクエア)を開催します。
SCHEDULE 2019/5/19 (日) / 14:45 - 19:00
PRICE 各種チケット
※チケットにより参加できるイベントが異なります。下記の注意事項及び、Peatixをご確認の上ご購入ください。
※エントランスにて、ドリンクチケット1000円の購入が必要です。
PLACE FabCafe Tokyo 詳細を見る
終了

5月19日(日)は、Tokyo Developer’s Study Weekend (TDSW) 、VJ概論のカゾエ氏の主催により、VJ及びビジュアル表現に興味を持つ方に向けたワークショップとコミュニティースペースの複合イベント”X SQUARE”(クロス スクエア)を開催します。

1F”VJ概論 | PLAYGROUND”は、 PLAYGROUND=遊び場としてX SQUARE参加者同士が交流できる場となります。
Youtube LIVEで配信している”VJ概論 | AFTERHOURS”の出張版には、「フレームの変更」をコンセプトとした異端の演出集団”huez”と、ローカル×メディア×コミュニティの領域で実践、および研究を進める傍、VJとしても活躍されている”さのかずや”氏をゲストにお迎えします。またFabCafe 1Fのマルチディスプレイを”FREE VJ SPACE”として、参加型のVJコーナーとして開放します。まだ未発表のスペシャルゲストや参加希望者によるLTも予定されています。

2F”TDSW JUNCTION”では、”表現のためのワークショップ アモ〜レ”と”技術のためのワークショップ テッキー”に分け、6セットのワークショップが行われます。
●TouchDesignerの開発元であるDerivativeからはBen Voigt氏をお招きして、次世代の表現について話して頂く【What’s Next】、●本イベントのキービジュアル制作者である3DCGアーティスト/VJのk a n a氏による【KILLER VISUAL WORKSHOP】、●VJ概論 | AFTERHOURSにも出演したH2Kgraphics NARI氏とVJ TONTON氏による”テクニカル抜きで行うVJワークショップ”【VJアモーレ(愛=LOVE)WORKSHOP】、●VDMXを日々研究する傍、VJソフトウェアのみならずCDJのタイムコードシンクやDJ、VJのハードウェアについても精通しているVJ Hatoto氏による【VDMX研究会】、●TDSWではTouchDesignerによるマッピングワークショップを行い好評だったRichard Burns氏にはVJのためのワークショップとして【VJ Tricks in TouchDesigner】、●ColdplayのツアービジュアルやVJ COMIXが使用していることで海外VJシーンで注目を集めるソフトウェア「NOTCH」のワークショップでは、映画のポスト・プロダクション企業(VFX&DI)の津久井勝也氏をお招きして【NOTCH de 映像制作!】、など様々なレクチャーを同時並行で開催します。

多様な視点から豪華出演者陣による、VJや映像表現についてのレクチャーが行われ、まさに今旬の映像表現が盛り込まれた、注目のイベントです。

《注意事項》※※※よくよくお読み下さい!※※※

※2階ワークショップのチケットをご購入いただいた方は1階PLAYGROUNDに無料で入場できます。(一階PLAYGROUNDのチケットを購入いただく必要はありません。)
※エントランスにてドリンクチケットを「当日現金1000円」にて交換してください。
・会場では撮影を行います。あらかじめご了承ください。
・会場への飲食物の持ち込みは禁止です。
・キャンセルの受付は3日前までとさせていただきます。

《TDSW JUNCTION ワークショップ概要》※以下、ワークショップ詳細になります。当日の持ち物などについても記述されていますので、必ずご確認の上チケットを購入してください。

セッション詳細

▶︎アモ〜レ1【 What’s Next by Ben Voigt(Derivative) 】

TouchDesignerの開発元であるDerivative社のエンジニアであるBen Voigt氏をお迎えし、ワークショップを行います。タイトルは”A discussion about recent Derivative news and what’s next for TouchDesigner and the community”。「次」に何が起こるのか、コミュニティのトレンドを掴みたい方必見のセッションです。
※本ワークショップは講師は英語でレクチャーを行いますが、リアルタイム通訳を行いますので英語に不安のある方も安心してご受講ください。

▶︎アモ〜レ2【 KILLER VISUAL WORKSHOP by k a n a 】

本イベントのキービジュアル制作者k a n a氏による表現のためのワークショップを行います。
普段3DCGアーティストとして数々のキラービジュアルを制作する傍ら、BRDG上海ツアーやDOMMUNE、都内クラブでもVJとして活躍するk a n a氏に、制作に向けるアイデアの根源や色彩構成、実際のCinema4dシーンからoctaneレンダリング、完成に至るまでの細かいTIPSも含め60分のワークショップを開催いたします。

▶︎アモ〜レ3【 VJアモーレ(愛=LOVE)WORKSHOP by H2Kgraphics NARI & VJ TONTON 】

VJ概論 | AFTER HOURSのゲストとして登場したVJのTONTON氏とH2Kgraphics NARI氏をお呼びし、”テクニカルな話を一切しないVJワークショップ”を行います。VJワークショップというとソフトウェアやテクニカルな話題に寄りがちですが、ダンスミュージックの聖地イビサでVJとしてレギュラーパーティーを持ち、国内では”Girls Award”でもVJと映像演出を務めるTONTON氏、グラフィックデザイナーとして企業ブランディング、広告を手掛けながら、シンプルかつ美しい光のアプローチによる空間演出をするH2Kgraphics NARI氏から、VJにおいて”一体何がアモーレなのか”その秘密をお話し頂きます。

▶︎テッキー1【 VDMX研究会 by VJ Hatoto 】

VDMXのワークショップを行います。講師にはVJとして活躍するHatoto氏をお呼びし、VDMXについて初歩的な使い方から上級編として「こんなことまでできるのか」というVDMXの魅力をたっぷりお伝えする60分です。基本モジュールを組み合わせ自由にVJシステムとUIを組めるVDMXはVJソフトウェアの中でも癖が強く、同じVDMXを使っていても人によって全く構築方法が異なる為、技術共有が非常に難しいものです。テンプレートだけでも映像が確実に出力出来るため、テンプレートだけで満足してしまいがちですが、今回はVDMXについて日々研究を続けるHatoto氏と共にVDMXの次のステップへ進んでみましょう。

※本コースには体験版VDMXをダウンロードしたMacをご持参下さい。(https://vidvox.net/)

▶︎テッキー2【 VJ Tricks in TouchDesigner by Richard Burns 】

In ths workshop, we’ll create a VJ effect by using instancing and Physically Based Rendering to copy a cube array to itself. We’ll then make this audio reactive and do some TOP tricks to composite and create depth on the effect.
Richard Burns is an interactive developer specialising in the field of projection mapping. Previously Working at Projection Artworks in London he has developed for diverse projects such as car simulators, interactive ping pong tables, projection mapping and tracking systems. In his spare time he performs VJ sets at various locations in the UK and teaches TouchDesigner.

※本ワークショップは講師は英語でレクチャーを行いますが、リアルタイム通訳を行いますので英語に不安のある方も安心してご受講ください。
※本コースにはTouchDesignerをインストールしたPCをご持参ください。
※マウスの持参を推奨します。

▶︎テッキー3【 NOTCH de 映像制作! by 津久井勝也 】

ColdplayのMVやWorld tourで使用され、VJではCOMIXなどこれまでプリレンダリングで映像作成していたクリエーターも使い始めている、注目のノードベースのリアルタイム映像制作ツール「Notch」。このワークショップでは主にこのバナーのビジュアル制作方法をご紹介。プリレンダリングとはまた一味違ったリアルタイムならではの映像制作の魅力を感じていただければと思います。また時間が許す限りその他いろいろな表現方法やTipsなどをご紹介いたします。

※本コースにはNotch Trial 版をダウンロードしたWindows PC(※Macは非対応です)をご持参下さい。各自必ずダウンロードし、すぐ作業に入れるようインストールしておいてください。(https://www.notch.one/trial/)。必要PCスペック参照(https://www.notch.one/features/#requirements)。
※マウスの持参を推奨します。

X SQUAREタイムテーブル

2019/5/19 (日)14:45 - 19:00

参加費 各種チケット
※チケットにより参加できるイベントが異なります。下記の注意事項及び、Peatixをご確認の上ご購入ください。
※エントランスにて、ドリンクチケット1000円の購入が必要です。
場所 FabCafe Tokyo 詳細を見る

FabCafe Tokyo

ADDRESS
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
View on Google Maps
ACCESS 京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分
JR 渋谷駅 徒歩10分
TEL 03-6416-9190