What do you fab?

「Fab」という言葉には、大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められています。FabCafeは、その”Fab”スピリットをおいしく、楽しく、わかりやすく伝え、そして広めていく場所です。

人が集い、人が出会い、人が繋がるカフェという空間に、レーザーカッターや3Dプリンター等のデジタルデータを利用したものづくりマシンを設置。厳選された豆を使ったスペシャルティコーヒーに専属パティシエによる手作りスイーツ、旬の美味しい野菜をたっぷりと自分が好きなように食べるサラダ。またインターネット回線と電源を無料開放し、クリエイティブなコ・ワーキングスペースとしても利用可能、FabCafe に集まるクリエイターコミュニティとの共創を通じて、企業や社会の課題に取り組みます。

50,000customers

FabCafe Tokyoには、海外、国内を問わず、年間50,000人のお客さんが訪れています。またFabCafeのグローバルネットワークも広がり、2018年現在、FabCafeは世界7カ国10拠点となりました。 各拠点で、ローカルのクリエイティブコミュニティを育て、そのコミュニティをグローバルネットワークとしてつないでいます。

2,500IDEAS

カフェに置いてあるレーザーカッターや、3Dプリンター。デジタル工作機械を使って、年間2500ものアイデアやひらめきがひらめきが形になっています。テーブルの隣に座った人がものづくりをする姿をみて、ミーティングをしていた人も、自分でも作り始めたり... … 。自分も作ってみたい!の連鎖が始まっています。

130EVENTS

FabCafeでは、年間130以上のイベントが行われています。ものづくりのワークショップ、クリエイターやビジネスマンやエンジニアなど、様々なコミュニティが集まるミートアップ、短期間でプロダクト開発を目指すメイカソン、コーヒーワークショップなど、日々、さまざまなイベントを通して、参加者同士の化学反応が生まれています。

FabYou can make (almost) anything

FabCafeでは、レーザーカッターやカッティングマシン、3DプリンターやUVプリンターなどを使って、誰でもすぐにひらめきを形にできます。

CafeFabulous food and drinks

FabCafeのコーヒーへのこだわりは他のコーヒー専門店にも負けない自信があります。 厳選されたロースターの豆を使い、シングルオリジンのエスプレッソドリンクを提供しています。また専属パティシエによる季節の手作りスイーツや、旬の美味しい野菜をたっぷりと自分が好きなように食べるサラダといったフードメニューもお勧めです。

CommunityInspire your creativity

FabCafeは「デジタルものづくりカフェ」でありながら、「ローカルなデザインコミュニティ」でもあり、「グローバルなビジネスネットワーク」でもあります。FabCafeから生まれるクリエイティブコミュニティから、次世代のものづくりを変える何かが生まれると信じています。

Workshop

3Dプリンタからレーザーカッター、電子工作などのものづくりワークショップはもちろん、子供向けから初めての方まで、また3Dソフトウェアのセミナー等様々なワークショップを開催しています。

Talk Event & Meetup

アーティストやトップクリエイター、建築家など、豪華なゲストによるトークイベントを開催しています。また、多様なバックグラウンドの人たちが、お酒を飲みながら、アイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント「FabMeetup」が毎月開催されています。

Business collaboration

貸切りパーティーのご相談から、FabCafeのデジタルファブリケーションツールやスペースを活用して、半日から1日の企業向けワークショップやチームビルディング研修などの開催も承っています。また、FabCafeのスペースを使って様々なコラボレーションやキャンペーンがご提案可能です。

FabCafe TokyoCome and enjoy!

FabCafe Tokyo inside

株式会社ロフトワークと、クリエイティブディレクター・福田敏也氏がプロデュースを行い、2012年3月に渋谷に最初のFabCafeがオープンしました。スペシャリティコーヒーとデジタル工作の両方を楽しめ、クリエイターやファンが集まるクリエイティブ・コミュニティとしても世界中から注目されています。

世界各都市に展開するFabCafeは株式会社ロフトワークのフランチャイズ店舗ではありません。FabCafeのコンセプトに共感し、かついくつかの条件に当てはまる人やコミュニティであれば、誰でもFabCafeをオープンし自主的に運営することができます。
FabCafeから生まれるクリエイティブコラボレーションは、次世代のものづくりを変えていくと信じています。