Exhibition

『古家具祭り』家具々鹿々×飛騨の森でクマは踊る

築100年のFabCafe Hida(旧熊崎邸)の蔵に眠っていた10数個の古箪笥をレスキュー!
飛騨地域特有のデザインである「飛騨箪笥」をはじめ、10種類以上の色とりどりのタンスや古家具をFabCafe Hida内に展示販売&リペア受注会を開催します。合わせて、古家具にまつわるトークイベントやワークショップも開催!
この地域の古い箪笥や古家具を通じて、これからの生活に活かす方法を、楽しみながら、一緒に考えてみませんか?
SCHEDULE
[ Start in 8 days ]
2019/4/29 (月・祝) - 2019/5/6 (月・祝)
PRICE 10,000円~(「古家具」目安販売価格)
PLACE FabCafe Hida 詳細を見る

古家具展示販売&リペア受注会

presented by Kagu-shika × Hidakuma



GW期間中はFabCafe Hida店内にて古箪笥の即売会&「家具々鹿々」による
リペア受注会を開催!

古家具祭りでは、古家具をそのままの姿でお引き取りいただけるのはもちろん、『REPAIR(修理)』『REMAKE(再生)』『RESCUE(レスキュー)』3つのサービスを提供する飛騨の木工作家チーム「家具々鹿々」がリペアの相談を受け付けます。
ご希望のデザインをそのまま職人さんにお願いして作成していただく以外にも
近隣にお住いの方は職人さんとスケジュールを合わせて一緒にリペアをすることも可能です。

合わせて、古家具にまつわるトークイベントやワークショップを開催!

FabCafe Hida店内でDrink&Foodを楽しみながら、どんなデザインにリペアをするのか、考えてみるのもいいですね。
あなたの暮らしに寄り添うデザインをみんなで一緒に考え、作ってみませんか?購入やリペアをご希望の方はお気軽に店内スタッフにお声かけください。

【イベント詳細】

開催期間:2019年4月29日(月)〜2019年5月6日(月)
開催時間: 10:00- 18:00 
場所:FabCafe Hida

△築100年のFabCafe Hidaで発掘された古箪笥。

△富山県で、家具の引き取り〜修理&リメイクした家具を、月額制で提供している、「家’s​」さんにもリメイク家具を展示・販売いただきます。「株式会社家’s​」Webサイト

 

【Talk Event】

トークイベント開催!

Kagu-shika × Yes antique × Hidakuma


「お家には古い家具が眠ったままになっていませんか?」
実際、飛騨や近隣の地域の古民家からは、“古”家具が見つけられることがあります。FabCafe Hidaだけで数十個眠っていた古い飛騨箪笥はこの旧熊崎邸にお嫁にきた女性たちが代々使用していた物です。(熊崎邸は飛騨古川の中でも由緒あるお家柄であった立派な建物だったそうな。)

FabCafe Hidaとしては、
「蔵にある古家具を、蔵の中に眠り続けるよりは、必要とする方のところで使っていただきたい」
という思いから、飛騨で活躍する職人さんに相談し、

飛騨の古家具のサービスを提供する木工作家チーム「家具々鹿々」
家具の引き取りから、修理&リメイクを経て家具を月額制で提供する「 家’s」
の2組の古家具スペシャリストに協力をいただきました!

実際に、お話を聞いてみると、タンスにも「材料の良し悪し、制作の時期、職人の仕事の内容などなど」、色んな見所や違いがあることや、再活用の方法なども提案をいただきました。

このトークイベントでは、3人のこれまでの古家具のリペア事例や、アイデアについて話を伺います。その後、ここにあったタンスにまつわるお話もしていただきながら、これから活かしていくためのヒントや古家具の魅力を会場の皆さんと一緒に深めていけたらと思います。

このトークが終わる頃にはあなたの暮らしに寄り添うリペア アイデアが生まれるかもしれませんね。ぜひ皆さんと一緒にアイデアを膨らましながらお話を伺っていきましょう!

【イベント詳細】

日時:2019年4月29日(月)19:00~20:00(✴︎開場 18:30)

場所:FabCafe Hida

✴︎ご予約優先 (ワンドリンク制)
ご予約いただくと席の確保ができます。先着20名。
それ以上は立ち見席となりますが入場可能、飛び入り参加OK 。

お席のご予約はこちら

 

【話し手】

【家具々鹿々】

天野 拓 Amano Taku

大阪生まれ大阪育ち、飛騨市在住。
東京で商社勤めののち、 娘が生まれたのをきっかけに妻の出身地、飛騨高山に移住。家具の仕事を学びながら、森のようちえんの実践や子育てを経験。
木工芸術スクール(高山市)→家具工房雉子舎(高山市)→家具工房春夏秋冬(長野県松本市)→2014年「家具工房やどりぎ」立ち上げ
自分の身体を動かして、モノを作る楽しさ、木という素材の美しさ、個性、に夢中になり、現在は、自然に囲まれた飛騨市神岡町で木のある暮らしを楽しんでいる。
身近な道具を木で作る。木のある生活で心豊かに生きられることを実践中。
当初から作り続けている、「丸いちゃぶ台」は他都府県からも注文を頂く。
昔のタンスなどの修理、再生、リノベーションを通じて、古くて良いものを今の生活に活かす「家具々鹿々」を2018年より仲間たちと始動。

【家具々鹿々】

鈴木岳人 Suzuki Taketo

家具設計・製作師 / KOIVU(コイブ)
1975年生まれ。東京都町田市 和光大学芸術学科卒。
都内の展示空間デザイン、商店建築デザイン事務所のスタッフとして働く。2002年、渡フィンランド、Lahti市立工芸専門学校へ留学。
2003年 スウェーデン、工芸学校CapellaGardenの夏季コースで家具製作を受講。その後フィンランド、Heinola市の上級家具製作師コースへ転入。その間、Tetrimaki, Petri Polso , Jari Karppinen の工房にて実習を行う。2005年、帰国。飛騨高山移住。家具メーカーで家具の試作を担当。
2010年、高山市国府町にて、工房「KOIVU」をスタート。主に木製オーダー家具、建具、インテリア小物のデザイン及び製作をしています。

【家’s】

伊藤 昌徳 Ito Masanori  / 箪笥プロデューサー

北海道出身。大学卒業後、IT・インターネット領域のベンチャー企業の幹部採用支援を行う、人材ベンチャー企業の創業期に参画。2017年9月に富山県高岡市に移住し、株式会社家’sを創業。遊休資産に付加価値をつける事業を展開し、現在は、築100年の古民家を改装した宿”Samurai’s house”の運営や古民家アンティークとして、古い家具の再生を行っている。

【聞き手】

【FabCafe Hida 】堀之内 里奈 Horinouchi Rina /ものづくりディレクター

飛騨古川出身。「FabCafe Hida」がFabや木工を知るきっかけになりました。
地元出身の目線で飛騨の魅力をおいしく、楽しく、分かりやすく知っていただくきっかけを作ることが毎日の楽しみです。今回は古家具やそのリペア方法について気になることや疑問に思うことを聞き手代表として2組の職人さんに伺ってみたいと思います。

 

【関連イベント】

家具々鹿々presents「古材を使った2種類のワークショップ」開催!


「古材で作るカラフルなカスタネット」

古材はどんな音を奏でてくれるかな?

小さなお子さんから、大人の方まで、夢中になる、小さなモノ作りのヒトトキを。
どんな音が出るかは、完成してのお楽しみ。

講師:天野 拓(Amano Taku)

日時:
第1回:2019年4月29日(月)10:00~12:00
第2回:2019年5月5日(日)10:00~12:00

✴︎作業自体は10分程度から可能。
✴︎飛び込み参加もOK。ご予約以外の方は上記時間で受付し、随時ご案内します。

料金:500円

持ち物:なし / 汚れても良い服装でお越しください。

イベント詳細/ご予約はこちら

 

「古材を使った小さいシェルフを作ろう!」

古材を使って、おしゃれな小さい棚を作ります。棚の長さはある程度希望に合わせて変えられます。古材の表情の面白さを体験してみてください。

講師:鈴木 岳人(Suzuki Taketo)

日時:
第1回 2019年4月29日(月)14:00~15:00
第2回 2019年5月3日(月)11:00~12:00
第3回 2019年5月4日(月)11:00~12:00

料金:2,000円

持ち物:なし / 汚れても良い服装でお越しください。

イベント詳細/ご予約はこちら

 

 


主催:家具々鹿々× 株式会社飛騨の森でクマは踊る

森で育った樹を家具にすることは、樹と一緒に第二の命を歩むようなこと。
だとしたら、古家具を修理することは、木と一緒に第三の命を歩むようなことなのかもしれません。
毎日使われることで、木の道具や家具は生き生きとしてきます。
毎日使うために、メンテナンスや修理、時には新しい使い方を考える時間を一緒に過ごしませんか。

「家具々鹿々」

古家具の『REPAIR(修理)』『REMAKE(再生)』『RESCUE(レスキュー)』 3つのサービスを提供する飛騨の木工作家チーム。
古家具の魅力は、家具の持っている物語そのもの。記憶を繋ぎ、残していく。それが修理という仕事です。

「株式会社飛騨の森でクマは踊る」

木の可能性、森の可能性、地域の可能性、
脈々と継承されてきた日本人の暮らしの可能性。
“ヒダクマ”はそんなありふれた日常に潜む大きな可能性から、新しい価値を生み出すことを日々探求しています。

 


【オプション】古民家に泊まる「FabCafe Hida」ご宿泊のご案内

お一人様 1泊2日(朝食つき)¥7,500からご予約いただけます。ご希望の方は各トークイベント/ワークショップ予約ページ内のオプションメニューから「希望する」にチェックをお入れください。
ご回答いただいたメールアドレスまで引き続きご宿泊のご案内をお送り致します。宿泊室について詳しくはこちら


 

[ Start in 8 days ]

2019/4/29 (月・祝)
- 2019/5/6 (月・祝)

詳細 「古家具」展示販売&リペア相談会
 04/29(月)〜05/06(月・祝) 10:00-18:00 全日開催

【関連イベント】
●「古家具祭り」トークイベント(Kagu-shika × Yes antique × Hidakuma)
/ 2019年4月29日(月)19:00~20:00(開場 18:30)
(ワンドリンク制)*ご予約優先

●「古材で作るカラフルなカスタネット」ワークショップ
 1. 2019/4/29 (月・祝) 10:00 - 12:00
 2. 2019/5/5 (日・祝) 10:00 - 12:00
 料金:500円 / 1つ

●「「古材を使った小さいシェルフを作ろう!」ワークショップ」
開催日:
 1. 2019年4月29日(月)14:00~15:00
 2. 2019年5月3日(月)11:00~12:00
 3. 2019年5月4日(月)11:00~12:00
料金:2,000円

主催:家具々鹿々× 株式会社飛騨の森でクマは踊る
参加費 10,000円~(「古家具」目安販売価格)
場所 FabCafe Hida 詳細を見る

FabCafe Hida

ADDRESS
岐阜県飛騨市古川町弐之町6番17号
View on Google Maps
ACCESS JR高山本線 飛騨古川駅より徒歩5分
TEL 0577-57-7686