Online Event

変化の時代、これからの展示空間のつくりかた vol.1 ”触(ふ)れること”について

さまざまな体験、コミュニケーションが生まれていた展示空間はこれからどうなるのか?

  • #開催終了
  • #オンライン開催

さまざまな体験、コミュニケーションが生まれていた展示空間はこれからどうなるのか?

配信アーカイブはこちらでご覧いただけます。

2020.7.18 (土)  UTC-04:00

06:00 – 08:00 YoutubeLive配信

Online

200 名

無料

Share

開催終了

YoutubeLive配信(オンライン開催)

Photo by Elia Pellegrini on Unsplash

コロナ直前までは博物館や美術館に限らず、企業の展示会でも体験が伴うものが主流となる動きがありました。しかし、接触を伴う体験が困難になってからはオンラインでのさまざまな工夫・取り組みや、オフラインでもコロナに対応した形での展示空間の提案がされています。今回は特にオフラインでの試みについて、文化施設や商業施設、地域のコミュニティなどで実際に展示空間を企画・運営されてきた方々をゲストに、事例を元にこれからの展示空間のつくりかたについてお話いただきます。
(本イベントは同一のテーマで全2回構成のイベントの1回目となります。)

登壇者

  • 對中 剛大

    タイナカ_オフィス 代表 / 山のテーブル 代表・シェフ
    [ ランドスケープデザイナー、ピクニックコーディネーター、ディレクター、料理家 ]

    1981年大阪生まれ。 大阪市と京都南山城村での2拠点生活。成安造形芸術大学造形学部卒業。建築設計事務所を経て株式会社E-DESIGNにてランドスケープデザインやまちづくりに携わる。2012年料理の仕事のきっかけに「屋外の場所づくり+街の使いこなし+食で人をつなげる」ことを目的にピクニックコーディネーターとして活動開始。
2014年 独立。設計やディレクション、イベントの企画、飲食店やギャラリーの運営・企画など「場所づくり・つどう仕組みづくり・つなぐ活動」を国内外の都市や集落で行っている。
2017年京都府南山城村の茶畑が広がる山の上の旧保育園を活用し、食で人と地域をつなぎ、村の風土を伝える場所として「山のテーブル」をオープン。

    1981年大阪生まれ。 大阪市と京都南山城村での2拠点生活。成安造形芸術大学造形学部卒業。建築設計事務所を経て株式会社E-DESIGNにてランドスケープデザインやまちづくりに携わる。2012年料理の仕事のきっかけに「屋外の場所づくり+街の使いこなし+食で人をつなげる」ことを目的にピクニックコーディネーターとして活動開始。
2014年 独立。設計やディレクション、イベントの企画、飲食店やギャラリーの運営・企画など「場所づくり・つどう仕組みづくり・つなぐ活動」を国内外の都市や集落で行っている。
2017年京都府南山城村の茶畑が広がる山の上の旧保育園を活用し、食で人と地域をつなぎ、村の風土を伝える場所として「山のテーブル」をオープン。

  • 宮原 裕美

    日本科学未来館 キュレーター

    千葉大学大学院で芸術学・美術教育課程修了後、秋吉台国際芸術村、九州国立博物館等で展覧会やワークショップの企画を行う。アートに限らず科学技術も含めた文化活動を、社会や教育との関わりの中で表現することに興味をもち、2008年から日本科学未来館で勤務。科学者とクリエイターのコラボレーションによる展示やイベントを担当。近年では、10代から20代の若い世代にSTEAMプログラム活動を行う。海外の子供たちと一緒に球体映像をつくるワークショップ「Picture Happiness on Earth」や、若手と研究者・クリエイターとのコラボレーション「未来館ビジョナリープロジェクト」を手がける。

    千葉大学大学院で芸術学・美術教育課程修了後、秋吉台国際芸術村、九州国立博物館等で展覧会やワークショップの企画を行う。アートに限らず科学技術も含めた文化活動を、社会や教育との関わりの中で表現することに興味をもち、2008年から日本科学未来館で勤務。科学者とクリエイターのコラボレーションによる展示やイベントを担当。近年では、10代から20代の若い世代にSTEAMプログラム活動を行う。海外の子供たちと一緒に球体映像をつくるワークショップ「Picture Happiness on Earth」や、若手と研究者・クリエイターとのコラボレーション「未来館ビジョナリープロジェクト」を手がける。

  • 小原 和也 (弁慶)

    株式会社ロフトワーク / MTRL プロデューサー

    2015年ロフトワークに入社、プロジェクトスペースFabCafe MTRLプロデューサーとして新しい価値創出に向けたコミュニティ、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

    https://loftwork.com/jp/people/kazuya_ohara

    2015年ロフトワークに入社、プロジェクトスペースFabCafe MTRLプロデューサーとして新しい価値創出に向けたコミュニティ、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

    https://loftwork.com/jp/people/kazuya_ohara

  • 䂖井 誠

    株式会社ロフトワーク, クリエイティブディレクター

    京都精華大学大学院修了。版画・染色を学び、印刷工、額縁・表具の職人、百貨店の店舗運営、建築コンサルタント、展示設営業務を経て美術系大学でUX/UIデザインを学ぶコースの教員となり、連携授業でロフトワークと出会う。事業の幅広さ、革新性、そして多くのユニークな社員に興味を持ち、2020年入社。
    幼少期、北海道の山奥で造園業を営む祖父母宅で育った原体験からD.I.Y精神を強く持ち、住まいである古民家の改装や修繕をしながら、アーティスト/キュレーターとして展覧会も行っている。
    趣味は手紙を書くこと、石拾い、天体観測。

    https://loftwork.com/jp/people/makoto_ishii

    京都精華大学大学院修了。版画・染色を学び、印刷工、額縁・表具の職人、百貨店の店舗運営、建築コンサルタント、展示設営業務を経て美術系大学でUX/UIデザインを学ぶコースの教員となり、連携授業でロフトワークと出会う。事業の幅広さ、革新性、そして多くのユニークな社員に興味を持ち、2020年入社。
    幼少期、北海道の山奥で造園業を営む祖父母宅で育った原体験からD.I.Y精神を強く持ち、住まいである古民家の改装や修繕をしながら、アーティスト/キュレーターとして展覧会も行っている。
    趣味は手紙を書くこと、石拾い、天体観測。

    https://loftwork.com/jp/people/makoto_ishii

Timetable

19:00

Introduction
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 䂖井 誠

19:05

Session1「ロフトワークの事例紹介 空間/場作り、触れる価値の再考」
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 小原 和也

19:20

Session2「対等でありたい<こどもー大人>・<来館者ーミュージアム>」
日本科学未来館 キュレーター 宮原 裕美

19:40

Session3「つくる・つどう・つなぐ_コト」
タイナカ_オフィス 代表 / 山のテーブル 代表・シェフ 對中 剛大

20:00

休憩

20:05

Discussion「これからの展示空間のつくりかた」
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 䂖井 誠
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 小原 和也
日本科学未来館 キュレーター 宮原 裕美
タイナカ_オフィス 代表 / 山のテーブル 代表・シェフ 對中 剛大

20:45

Q&A

21:00

Closing

Information

日時

2020.7.18 (土) 06:00 – 08:00 YoutubeLive配信 UTC-04:00

会場

Online

参加費

無料

定員

200 名

開催終了

YoutubeLive配信(オンライン開催)

Share

FabCafe Newsletter

月1回刊行!新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。