Workshop

写真と言葉でジェンダー表現を読み解く コロナ禍とオリンピックの時代の広告

KYOTOGRAPHIE Masterclass 2021

  • #参加受付中

交通機関に掲出されている広告を中心に、広告の中のジェンダー表現に注目して分析します。コロナ禍の中で、あらゆる人が病に対する脆弱さを痛感する最中に開催された東京オリンピック。混迷を極める世の中で、身体の「強さ」と「美しさ」は、メディアの中でどのように喧伝され、どのように受容されてきたのかを広告を読み解きながら考えていきます。(主催:KYOTOGRAPHIE / 協力:FabCafe Kyoto)

2021.10.2 (土)  UTC+09:00

13:00 – 16:00 ZOOMにて実施(*FabCafe Kyotoではありません)

2021.10.16 (土)  UTC+09:00

13:00 – 19:00 FabCafe Kyoto にて実施

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO) | Google mapで開く

10人

25,000円(税込) 受講費の振り込み・支払い確認が取れた時点で申し込み完了といたします。

Share

参加する

「参加する」ボタンをクリックすると専用フォームへ移動します。

KYOTOGRAPHIE Masterclass 2021

このマスタークラスでは、交通機関に掲出されている広告を中心に、広告の中のジェンダー表現に注目して分析します。コロナ禍の中で、あらゆる人が病に対する脆弱さを痛感する最中に開催された東京オリンピック。混迷を極める世の中で、身体の「強さ」と「美しさ」は、メディアの中でどのように喧伝され、どのように受容されてきたのかを広告を読み解きながら考えていきます。

広告を観察する  
ことば、写真、イラストレーションなど、構成要素を分析する
同種の広告表現を比較する
(地域、時代、文化、言語圏による表現の違いを知る)

広告を見て受けた印象を言語化して、人に説明してみる
自分のものの見方、感じ方を振り返る

オンラインレクチャーと対面のセッションでこれらのプロセスを経験し、イメージとことばが広告という媒体で持ち得るチカラと、発信者の意図でそれらがどのような機能を持つかを学ぶマスタークラスです。2日目の対面セッションには今年の展示作家リャン・インフェイがオンラインで参加予定。展示作品、中国での広告事情、そして女性ジャーナリストとして活動する自身の環境について話します。写真を撮る方に限らず、編集や批評でイメージに関わる方々にも手応えがあるプログラムです。

(主催:KYOTOGRAPHIE / 協力:FabCafe Kyoto)

■ あらかじめご留意ください*
・受講費の振り込み・支払い確認が取れた時点で申し込み完了といたします。
・参加確定者はリンクをお送りするトピック別の動画3本(各1時間前後)をマスタークラス初日までに視聴いただき、事前準備をします。
・募集上限は10人、上限に達し次第締切とします。
・当マスタークラス会期と京都府発令の緊急事態宣言の期間が重なった場合やスタッフのコロナ感染など会場側の理由で使用できなくなった場合、2日目の対面マスタークラスはキャンセルしオンラインに移行します。

■ 新型コロナウイルス感染予防対策実施について

主催者より
KYOTOGRAPHIEは、緊急事態宣言が9月12日まで続くような状況ではありますが、アーティストが発表の場を、人々が他者との繋がりや、文化的体験を求めている今だからこそ、このようなアートフェスティバルが必要であるという信念を持って、KYOTOGRAPHIE 2021とKG+ 2021を予定通り9月18日から10月17日まで開催したいと思います。チーム内でもかなり悩みましたが、KYOTOGRAPHIEにおいてアーティストや作品から受けた新しい刺激が、よりよい未来を想像し、一緒に作り上げていくことに繋がってほしいと思っての決断です。
ただし、行政から該当イベントの中止要請が出た場合は、フェスティバル全体を延期、または中止。展示会場が使えない場合は、該当会場で開催予定の展示を延期、または中止する予定です。
開催するにあたって、今年も昨年に引き続き、感染防止対策を徹底します。昨年97%以上の来場者から「安心感があった」と回答いただいた独自のコロナ対策をベースに、最新の各種ガイドラインに準拠し、来場者を安全にお迎えします。
アーティストトークやワークショップ等のパブリックプログラムについても、各種ガイドラインに沿った形で、オンライン、または人数を制限した形で実施します。

会場より
国や京都府、京都市の指針等に基づき、感染症拡大防止対策を行っています。入場にあたり、マスクの着用、こまめな手洗い・消毒、体温測定、来場者同士の距離の確保のご協力をお願いいたします。発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来場をお控えください。

■ 本イベントに関するお問い合わせ
masterclass@kyotographie.jp までメールにてお願いいたします。

  • 小林 美香

    写真研究者。写真やジェンダー表現に関連する記事の執筆や、翻訳を行うほかに、レクチャー、ワークショップ、展覧会の企画、コンサルティングなどを手がける。九州大学非常勤講師。

    写真研究者。写真やジェンダー表現に関連する記事の執筆や、翻訳を行うほかに、レクチャー、ワークショップ、展覧会の企画、コンサルティングなどを手がける。九州大学非常勤講師。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 について

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。一千年の長きにわたって伝統を守りながら、その一方で先端文化の発信地でもあり続けてきた京都。その京都がもっとも美しいといわれる春に開催されます。

日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、ときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭を目指します。

■ official website https://www.kyotographie.jp/

[Music] 2013 – 2015 Duce Williams 2016 – 2019 Marihiko Hara
[Photo] Takeshi Asano, Takuya Oshima, Naoyuki Ogino
[Movie] Hiroyasu Takahashi
©︎ 2013-2019 KYOTOGRAPHIE

Information

日時

2021.10.2 (土) 13:00 – 16:00 ZOOMにて実施(*FabCafe Kyotoではありません) UTC+09:00
2021.10.16 (土) 13:00 – 19:00 FabCafe Kyoto にて実施 UTC+09:00

会場

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554

■電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

■バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分

※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
Google mapで開く

参加費

25,000円(税込) 受講費の振り込み・支払い確認が取れた時点で申し込み完了といたします。

定員

10人

参加する

「参加する」ボタンをクリックすると専用フォームへ移動します。

Share

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。