Talk Event

オンライン・トークディスカッション「『これまでのFab、これからのFab』座談会」

『ファブラボのすべて イノベーションが生まれる場所』刊行記念 特別開催イベント
SCHEDULE
[ Start in 12 days ]
2020年4月17日 / 19:00 - 21:00
PRICE 無料
*配信URLは、当ページにておってご案内いたします。
PLACE 動画配信 MAP

*お知らせ(2020.4.3)*
本イベントは、東京 / 京都の二会場にて実施予定でしたが、
新型コロナウイルス感染症等への対策として、【オンラインでの動画配信のみ(無料)】へ、開催方法を変更させていただきました。配信URLは、当ページにておってご案内いたします。

なお、各会場での観覧をお申し込みくださった皆さまには、別途、申込フォームよりお詫びのご連絡と視聴方法についてのご案内を差し上げます。ご理解ご容赦のほど、よろしくお願いいたします。


イベント内容

今や世界中に広がり、数々のプロジェクトを生み出すイノベーションの土壌として成長してきた「Fab Lab(ファブラボ)」。誕生から約20年を経て、社会の仕組みが大きく変化する最中のこのタイミングで、文化 / 産業における「Fab」の役割と未来をあらためて考えるトークディスカッションを開催します。

 

書籍紹介

『ファブラボのすべて イノベーションが生まれる場所』

ISBN:978-4-8025-1159-9
定価:本体4,500円+税
仕様:B5判変型/288ページ
発売日:2020年02月18日

編著:マッシモ・メニキネッリ
監修:田中浩也
翻訳:高崎拓哉
デザイン:voids

詳細・ご購入はこちらから

Speaker

田中 浩也(慶應義塾大学環境情報学部教授 SFCソーシャルファブリケーションラボ代表)

東アジア初のファブラボを2011年に鎌倉に設立したことを基点に、デジタルファブリケーションの可能性を「技術」と「社会」の両面から研究。近年は、総務省はじめ政府委員を多数歴任し、地方創生等の政策提言にもかかわっている。慶應義塾大学では「ファブキャンパス委員会」の委員長を務める(http://fabcampus.sfc.keio.ac.jp)。専門は、3D-CAD/CAE/CAMおよびデザインエンジニアリング。博士(工学)。Fab Lab Japan Founder、および Fab Lab Asia Foundationボードメンバー。

水野 大二郎(デザインリサーチャー、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授)

リサーチャー、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授。
2008年RCA博士課程修了、芸術博士(ファッションデザイン)。ウルトラファクトリー・クリティカルデザインラボ、京都大学デザインスクール、慶應義塾大学SFCを経て現職。Ars Electronica STARTS prize(2017)入選、International Documentary Filmfestival Amsterdam(2019)入選など、多様なプロジェクトに従事。
共編著に『vanitas』(アダチプレス、2013〜現在)、共著に『FABに何が可能か』(フィルムアート、2013)『inclusive design』(学芸出版社、2014)など。
www.daijirom.com

Guest Speaker

津田 和俊(京都工芸繊維大学 講師、 山口情報芸術センター[YCAM]研究員)

博士(工学)。2008年から2015年まで大阪大学工学研究科の特任研究員や助教として、工学設計や適正技術の教育プログラム、資源循環やサステナビリティに関する研究に取り組む。2010年からファブラボのネットワークに参加、2013年ファブラボ北加賀屋(大阪市)を共同設立。2014年からYCAMの事業に関わり、2016年から研究員として主にバイオ・リサーチ事業を担当、「パーソナル・バイオテクノロジー」の可能性を模索している。2020年2月から京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系の講師に着任。

岩岡 孝太郎(FabCafe創設メンバー、ヒダクマ代表取締役社長 兼CEO)

1984年東京生まれ。千葉大学卒業後、建築設計事務所に入社し個人住宅や集合住宅の設計を担当。その後、慶應義塾大学大学院に進学しデジタルものづくりの研究制作に従事。2011年、クリエイティブな制作環境とカフェをひとつにする“FabCafe”構想を持って株式会社ロフトワークに入社。2012年、東京渋谷にオープンしたデジタルものづくりカフェFabCafeのディレクターとして企画・運営する。2015年、岐阜県飛騨市にて官民共同企業である株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)の立ち上げに参画し、2016年FabCafe Hidaをオープン、森林資源を起点とした新たなプロジェクトに挑戦する。2018年4月より同取締役副社長、翌年4月から同代表取締役社長兼CEOを務める。
2011〜2013年東京藝術大学AMC非常勤講師。参加展覧会に、可能世界空間論(2010年 ICC)、マテリアライジング展(2013年 東京藝術大学美術館陳列館)など。寄稿書籍に、『マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ』(2014・millegraph)、『まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方』(2016・学芸出版社)など。
https://hidakuma.com/

主催:FabCafe Tokyo & FabCafe Kyoto
お問合せは、info_fabcafe-kyoto@loftwork.com までメールにてお願いいたします。(担当:木下)

[ Start in 12 days ]

2020年4月17日19:00 - 21:00

参加費 無料
*配信URLは、当ページにておってご案内いたします。
会場 動画配信 MAP

動画配信

ACCESS 動画にて配信予定です。
スピーカーと世話人による意見交換を配信します。
参加登録いただいた方に配信用のURLをお知らせいたします。