Campaign

COMAYOSE WORKSHOP~寄せ木ブローチを作ろう~

SCHEDULE 2015/3/19 (木) / 19:00 - 21:00
PRICE 3500円
PLACE FabCafe Tokyo 詳細を見る
終了

 

伝統×デジタルファブリケーション ~COMAYOSEブローチワークショップ~

伝統技術の寄せ木という手法と、レーザーカッターを使ったCOMAYOSEワークショップを開催します。
このワークショップは、去年ファブラボの世界会議FAB10でもFablab鎌倉とのコラボレーションとして開催し大好評でした。
日本でもぜひやってみたい!というリクエストにお答えし、FabCafeでの開催が実現しました。
平日の夜の開催なので、お仕事帰りや学校帰りにも参加できます。みんなでドリンクを飲みながら、わいわい楽しみましょう。
COMAYOSE (コマヨセ)

COMAYOSEとは、レーザーカッターを使用してパーツを切り出し、細かい(COMA)木材を寄せて(YOSE)つくる現在版寄木細工を意味しています。今回のワークショップでは、漆を麻布で固めて板状にした、レーザー加工を可能にした「乾漆シート」を使用します。「乾漆シート」とは宮城大学土岐謙次氏と、仙台に工房を構える(株)郷自然工房佐藤和也氏が開発している新しい漆素材です。漆というと、赤と黒のイメージが強いと思いますが、黄緑や青などの様々な色をつくることができます。複数の色から好きな色のパーツを選んでCOMAYOSEに張り付けて使用します。

【ワークショップの流れ】
今回は既に切り出してあるパーツから好きな色の木材や漆シートを選び、
接着、やすりがけ、仕上げの工程を行なって頂きます。
ブローチ、髪留めの2つの金具をご用意していますので、お好きな方を選んで制作してください。
※レーザーカッターのデモンストレーションを行いますので、カットの様子はご覧頂けます。
【 こんな人におすすめ!】
・COMAYOSE (現代版寄木細工)を体験してみたい方
・木材が好きな方
・伝統工芸とデジタルファブリケーションに興味がある方
・みんなでものづくりを楽しみたい方
【 持ち物 】
・汚れても良い服装、もしくはエプロン(木をやするため汚れてしまう事があります)
【応募方法】
参加するボタンもしくはこちらのフォームから、必要事項を記入し送信して下さい。
▲FAB10でのワークショップの様子。みんな日本の伝統技術に興味津々です。
▲とっても綺麗な漆のパーツ。あなたはどんな色の組み合わせにしますか?
講師:駒野美智(こまのみさと)
桑沢デザイン研究所を2012年に卒業後、ファブラボ鎌倉でデジタル工作機械のインストラクター兼作家としての活動を始める。主にレーザーカッターを駆使した現代版寄木細工、”COMAYOSE”を制作。年に一度開催されるファブラボ国際会議(FAB10)でも日本の伝統工芸の紹介としてワークショップを行った。ファブラボ鎌倉でのワークショップの他、蕾の家で行われた「鎌倉meets広島」に出店、連名(渡辺仁志,望月美憂,駒野美智)で第9回レーザーカッターコンテストで準グランプリ受賞。

 

 

漆提供:土岐謙次(ときけんじ)
漆デザイナーメーカー。京都市出身。京都市立芸術大学美術研究科博士後期課程産業工芸・意匠修了、博士(美術)。2002年頃より三次元プリンターを使った漆造形作品の制作を行う。コンピュテーショナルデザインによる乾漆(麻布を漆で固める伝統造形技法)造形制作の他、構造構造家と共同で乾漆の強度実験を行うなど、古くて新しい漆の可能性を追求。漆ジュエリーデザインも手がける。文化庁派遣芸術家、2002-04年The Surrey Institute of Art & Design, University College研究員を経て2005年より宮城大学事業構想学部デザイン情報学科助教
http://www.kenjitoki.com
http://yula-yulala.jp/


 

2015/3/19 (木)19:00 - 21:00

参加費 3500円
場所 FabCafe Tokyo 詳細を見る
定員 8名

FabCafe Tokyo

ADDRESS
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
View on Google Maps
ACCESS 京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分
JR 渋谷駅 徒歩10分
TEL 03-6416-9190