Exhibition

crQlr Awards Exhibition TOKYO: New Relationship Design

crQlr Awards2023受賞プロジェクト展示、オンライントークイベント、展示限定カフェメニューをFabCafe Tokyoで開催! ぜひご来場ください!

  • #予約不要
  • #入場無料

crQlr Awards 2023受賞したプロジェクトを展示するcrQlr Awards Exhibitionを3月1日から3月24日までFabCafe Tokyoで開催します!さらに会期中は、crQlr Awards 2023審査員と受賞者が集うオンライントークイベント「crQlr Summit 2024 TOKYO」、受賞展示ツアー「crQlr Awards Exhibition Tours」や特別賞受賞「Sea vegetable Circulation」とコラボレーションした期間限定のFabCafeメニューも登場するなど、多彩なプログラムを展開します。FabCafe Tokyoに是非お越しください。

2024.3.1 (金) – 2024.3.24 (日)  UTC+09:00

FabCafe Tokyo | Google mapで開く

Free

Share

予約不要

CRQLR AWARDS EXHIBITION: NEW RELATIONSHIP DESIGNについて

crQlr Awards(サーキュラーアワード)2023は、過去最多の参加国数を更新し、43カ国から、140のプロジェクトが集まりました。第3回目となるアワードのFabCafe Global Prize(特別賞)は、木下 浩佑氏(MTRL/FabCafe Kyoto マーケティング&プロデュース)が審査委員長を務め、「新しい関係性のデザイン」をテーマに、「 100年後の地域社会への価値還元」「生物多様性へのポジティブな影響」「新しいパートナーシップのデザイン」の3つの観点から選考されました。

この展示は、crQlr Awardsの受賞プロジェクトが提示する視点から、深い気づきを得る機会となります特別賞受賞プロジェクトの展示に加えて、審査員受賞プロジェクトやFabCafe x Sea Vegetable(特別賞受賞プロジェクト)とのコラボレーションメニューをご用意しています。サーキュラーの未来についてシーベジタブルのフードを味わいながら、是非考えてみてください。

Kelsie Stewart, crQlr Awards Chairman


  • プログラムスケジュール

    • 3.6 (水) プラスチック廃棄物から作られた、世界初のアイスクリーム〜「Guilty Flavours」エレオノーラ・オルトラーニ x BioClub Tokyoトークイベント
    • 3.8 (土) crQlr Summit TOKYO 2024 オンライントークイベント
    • 3.9 (日)~3.24 (日) Sea Vegetable コラボレーションメニュー @FabCafe Tokyo
    • 3.11 (月)-3.22 (金) 展示ツアー (予約はこちらからcontact us!)
      *プログラムは変更する場合があります。

crQlr Awards Exhibition TOKYOでは、FabCafe TokyoでのcrQlr Awards 2023受賞者の展示、受賞者や審査員によるトークや展示ツアー、crQlr Awards 受賞のSea Vegetable Circulationとのコラボレーションによる期間限定メニューなど、多彩なプログラムを提供します

審査員を務めたSPACE10のGuillaume Charny-Brunetさん、Helsinki Design WeekのAnni Korkmanさん、特別賞受賞者で「noma」とコラボレーションをしたことでも有名な合同会社シーベジタブル友廣 裕一さんなどが集まり、それぞれの視点でサーキュラーデザインについてディスカッションします。展示会場からオンラインにてトークセッションを発信いたしますので、ぜひご参加ください。

イベント詳細はこちら:申し込みページ

  • crQlr Awards Winners SHOWCASE

    FabCafe Tokyoにて、2024年3月1日〜3月24日の期間中、crQlr Awards 2023の受賞プロジェクトをご覧いただけます。下記に、受賞プロジェクトをご紹介します。

  • Sea Vegetable とのカフェメニューが登場

    合同会社シーベジタブルは、食材としての海藻の可能性を見出す活動を日々行っています。展示期間中、Fabcafeの特別カフェメニューとしてコラボレーションが決定!新しい海藻の食体験を是非お楽しみください。

    ※写真はサンプル写真です

  • Guilty Flavours x BioClub Tokyo TALK

    受賞プロジェクトGuilty FlavoursのEleonora Ortolani さんによるトークと展示ツアーを開催します。crQlr Awards 2023の特別賞受賞作品でもあり、世界的に注目を集める彼女のプロジェクト「Guilty Flavours」を元に私たちとプラスチックの関係性を再考してみませんか。また、プラスチックから作られたバニリン(バニラの香りがする化学物質)を嗅いでみることもできます。

    予約はこちらから

  • crQlr Awards Exhibition Tours

    crQlr Awards事務局がツアーガイドを務める、30分crQlr Awards Exhibition TOKYOで展示ツアーを開催。事前予約制になります。事前登録いただいた方には、追ってツアーの日程や詳細情報をご連絡します。

    ご予約はこちらから

「Guilty Flavours(ギルティ フレーバーズ)」は、人間が自分たちの体を機械として活用し、プラスチックを永遠に排除するための画期的な提案です – 食べることで。新しい生化学的なプロセス、例えば消化酵素などが、人間が安全にプラスチックを摂取できるようにするかもしれません。バニリン(バニラの香りの分子)から始まり、この研究プロジェクトは、生きた生物によって変換された完全に食べられる分子を創造するためにこのプロセスを現実的にどのように活用できるかを探っています。その結果、『ギルティ フレーバー)』アイスクリームが生まれました – プラスチック廃棄物から変換された成分を含む、初の本物の食品サンプルです。

URL: https://crqlr.com/ja/crqlr-awards/2023/winners/guilty-flavours/

私たち合同会社シーベジタブルは、磯焼けにより減少しつつある海藻を採取して研究し、環境負荷の少ない陸上栽培と海面栽培によって蘇らせ、海藻の新しい食べ方の提案を行っています。

地上の植物は探求し尽くされ、様々な栽培技術や調理方法が確立していますが、海藻の世界はその途上、と言うよりはじまってすらいないものばかり。過去から受け継がれる海藻食文化を守っていくと同時に、新たな海藻食文化をつくっていきたい。その先には海にも人にも良い未来が広がっていると信じて、私達は日々活動しています。

URL: https://crqlr.com/crqlr-awards/2023/winners/sea-vegetable-circulation/

台湾の全体的な林業産業チェーンを分析した後、チームは国産木材の利用率がわずか1%であることを発見し、公共部門や学校などを訪問した結果、台湾では年間1000万トン以上の人為的な剪定や自然による風倒木や枯れ木が発生しているにもかかわらず、直接焼却炉へ送られたり、低効率な方法で処理されていることがわかりました。そこで、チームは各機関のコミュニケーションの橋渡しとしての役割を担い、7Rのゼロ廃棄原則に基づいて木材利用の可能性を再考し、「REWOOD森林循環湖口創生」システムを構築しました。工作ステーションでは次世代への技術伝承を行い、台湾が自給自足の完全な林業産業チェーンを築くことを目指しています。

URL:https://crqlr.com/ja/crqlr-awards/2023/winners/rewood/

  • MateRe - DPP

    By: digglue inc.

  • DiFOLD Origami Bottle

    By: DiFOLD

  • Briiv Air Filter

    By: Five Create Ltd.

  • Seaweed Dialogues

    By: Alberte Holmø Bojesen

  • Tejiendo la calle

    By: Marina Fernández Ramos

  • FabCafe Global

  • 株式会社ロフトワーク

  • IDEAS FOR GOOD

  • Circular Economy Hub


取材について

展示会、crQlr Summit(イベント)の取材をご希望の方は広報担当までご連絡ください。

運営の都合上、crQlr Summitの取材申し込みは2月23日までに、ご連絡いただけますと幸いです。

Email:pr@loftwork.com

Information

日時

2024.3.1 (金) – 2024.3.24 (日) UTC+09:00

会場

FabCafe Tokyo
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F

京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分
JR 渋谷駅 徒歩10分

03-6416-9190
Google mapで開く

参加費

Free

予約不要

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。