A.D.A.M

AIデザインの最先端であるジェネレーティブデザインやSFプロトタイピングを使用し、未来の自動操船ヨットのデザインにチャレンジする

何をしているのか?

A.D.A.Mでは、現在のAIデザインの最先端であるジェネレーティブデザインを使用し、自動操船ヨットのデザインにチャレンジしています。ジェネレーティブデザインとは、与えられた条件下での構造的な最適解を得るデザイン手法です。
このジェネレーティブデザインを実践的なプロジェクトで活用し学びながら、実際に自動操船ヨットをデザインし、将来のAIデザインのメソッドについて参加者とともに考えます。
具体的に実践するのは、everblue technologiesが開発する自動操船技術を漁業に応用して魚群探索、捕獲補助を実現する無人ディンギー「Fisherdrone(仮)」のデザイン、設計、製造です。
現在は、10名程度のプロダクトデザイナーおよびエンジニアなどにより構成されています。

なぜやるのか?

everblue Technology 社は、無人ヨットの開発を通して漁業を支援、アップデートし、将来的には再生可能エネルギーを水素などに変換、エネルギーキャリアを運搬することで、サステナブルな社会を実現したい。そのために、実証第一弾として、漁業における自動操船ヨットを活用した魚群探索、捕獲補助などを計画している。
新しい移動体には新しいデザインと作り方が必要という、everblue Technology 社の思想の元、ジェネレーティブデザインや3Dプリンターという手法を取り入れ、実践的に無人ヨットのデザインを模索するWGを始動。

 

Outline

名称

A.D.A.M

概要

AIデザインの最先端であるジェネレーティブデザインやSFプロトタイピングを使用し、未来の自動操船ヨットのデザインにチャレンジする

主な拠点

FabCafe Tokyo

活動拠点と活動ペース

活動拠点

  • FabCafe Tokyo / MTRL Tokyo
  • MISTLETOE OF TOKYO
  • オンライン(Facebookグループ、Slack)

活動ペース

  • 月に2回程度のワーキンググループ活動
  • 定期的なプレゼンテーションイベントの実施

Members

  • 野間 恒毅

    everblue technologies CEO

  • 藤田 健介

    FabCafe テクニカルディレクター

  • 金岡 大輝

    FabCafe Tokyo CTO

お問い合わせ

FabCafeや各Open Labsの活動に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Contact

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。