Talk Event

Nagoya Design Talk -名古屋でデザインを仕事にすること-

  • #開催終了
  • #誰でもウェルカム

多くの製造業が拠点を置く都市、名古屋において「デザインを仕事にすること」について、名古屋にゆかりがあり異なる領域で活動するデザイナー達に、その強みや特徴、はたまた悩みについてお話しいただきます。

2020.9.22 (火)(祝)  UTC+09:00

17:00 – 19:20 16:30から受付開始となります

FabCafe Nagoya | Google mapで開く

会場参加:20名 / ZOOM参加:100名

会場参加:2,000円 / ZOOM参加:1,000円 ZOOM参加の方は当日参加URLをご連絡します

Share

開催終了

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、ご参加に際しては下記をお願いしております。

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

  • マスクをご着用のうえご参加ください。
  • ご来館時、館内洗面所での手洗いをお願いいたします。
  • お住まいの地域の自治体から、外出や移動に関する自粛の呼びかけが出ている場合は参加をご遠慮ください。
  • 体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。(キャンセル料は発生いたしません)
  • 政府および愛知県・名古屋市から、店舗営業や講習会開催について中止の要請を受けた場合、開催を中止する場合が生じます。

日本で製造業が最も集積する都市、名古屋。

ここには製造業をはじめとし、多くの産業が息づいており、作られるモノやコトの数だけデザイナーがいます。大学も多く、たくさんの学生がデザインやものづくりを学んでいます。

また近年、デザイナーが活躍する領域は従来考えられてきたような形のあるモノに限らず、サービス体験や新規事業、社会課題、さらにはまちづくりなど、目に見えないコトにまでどんどん広がってきました。職種ごとの境界もゆるやかに融け合ってきており、デザイナー同士や多様なプレイヤーとのコラボレーションがより求められるようになってきました。

そんな中、圧倒的な製造業のポテンシャルを持ちつつ、国内有数のIT産業やサービス業の発信地、消費地でもある名古屋においてデザイナーに求められる視点やスキルはどういったものになっていくのでしょうか。

本イベントでは、名古屋を含む東海地方を舞台に同じデザインのなかでも異なる領域で活動するデザイナー達に「名古屋でデザインを仕事にすること」をテーマに、その強みや特徴、はたまた悩みについてお話しいただきます。

 

バナービジュアル:スエイシユミ https://www.instagram.com/sueishiyumi/

オープニングトーク

ゲストトーク1「体験価値を高めるプロダクトデザイン」
横関亮太さん(RYOTA YOKOZEKI STUDIO株式会社 代表取締役/プロダクトデザイナー

ゲストトーク2「メーカーをつくるデザイン – コンセプトから販促まで –
野口大輔さん(株式会社COMULA 代表取締役)

ゲストトーク3「経営から現場までのトータルデザイン」
小林ちふみさん(アートディレクター/和菓子職人)

ミニセッション 来場者のみなさんで簡単な交流をします

クロストーク 「名古屋でデザインを仕事にすること」

クロージング

ゲストスピーカー

  • 横関 亮太

    RYOTA YOKOZEKI STUDIO株式会社
    代表取締役/プロダクトデザイナー

    1985年岐阜県生まれ。金沢美術工芸大学製品デザイン学科卒。2008年から2017年までソニー(株)クリエイティブセンター勤務。2017年RYOTA YOKOZEKI STUDIOを設立。プロダクトデザインやクリエイティブディレクションを軸に、家具、家電製品、生活用品など国内外の様々なプロジェクトを手がける。2016年「AIZOME chair」がVitra Design Museumに永久所蔵された。iF Design賞、Good Design賞など受賞多数。

     

    http://www.ryotayokozeki.net

    1985年岐阜県生まれ。金沢美術工芸大学製品デザイン学科卒。2008年から2017年までソニー(株)クリエイティブセンター勤務。2017年RYOTA YOKOZEKI STUDIOを設立。プロダクトデザインやクリエイティブディレクションを軸に、家具、家電製品、生活用品など国内外の様々なプロジェクトを手がける。2016年「AIZOME chair」がVitra Design Museumに永久所蔵された。iF Design賞、Good Design賞など受賞多数。

     

    http://www.ryotayokozeki.net

  • 野口 大輔

    株式会社COMULA 代表取締役

    1983年岐阜生まれ。2006年名古屋市立大学芸術工学部を卒業。インハウスデザイナーを経て、2013年に独立、同年12月に株式会社COMULAを設立。意匠的なデザインはもちろん、それだけでなく、クライアントの経営状況を把握した製造計画、工程のロスを最小限に抑える製造条件など、製品をかたちにするまでに発生する様々な複雑な問題を事前に想定。それらを合理的に解決しながらプロジェクトを進める複眼的な提案を得意とする。様々なものづくりの工場が集まっている岐阜をベースに活動。 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会正会員

    https://comula-inc.com/

    1983年岐阜生まれ。2006年名古屋市立大学芸術工学部を卒業。インハウスデザイナーを経て、2013年に独立、同年12月に株式会社COMULAを設立。意匠的なデザインはもちろん、それだけでなく、クライアントの経営状況を把握した製造計画、工程のロスを最小限に抑える製造条件など、製品をかたちにするまでに発生する様々な複雑な問題を事前に想定。それらを合理的に解決しながらプロジェクトを進める複眼的な提案を得意とする。様々なものづくりの工場が集まっている岐阜をベースに活動。 公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会正会員

    https://comula-inc.com/

  • 小林 ちふみ

    アートディレクター/和菓子職人

    1991年 三重県鈴鹿市 生まれ。 愛知県立芸術大学でグラフィックデザインを学んだのち、名古屋市でWebデザイナーをしながら和菓子づくりを学ぶ。その後、実家の80年以上続く「和洋菓子キクノヤ」の味や思いを継承しながら、町の活性を目指してクリエイティブ活動を行なっている。

    2012年 汗かくメディア 受賞
    2015年 愛知県立芸術大学 グラフィックデザイン専攻 卒業
    2016年 テクネ 審査員賞 受賞
    2016年 DesignAwards.Asia TOTD賞 受賞
    2018年 DesignAwards.Asia TOTD賞 受賞
    2018年 Webグランプリ BtoC賞 グランプリ 受賞
    2019年 AICHI AD AWARDS 2019 受賞

     

    https://mamezara.jp

    1991年 三重県鈴鹿市 生まれ。 愛知県立芸術大学でグラフィックデザインを学んだのち、名古屋市でWebデザイナーをしながら和菓子づくりを学ぶ。その後、実家の80年以上続く「和洋菓子キクノヤ」の味や思いを継承しながら、町の活性を目指してクリエイティブ活動を行なっている。

    2012年 汗かくメディア 受賞
    2015年 愛知県立芸術大学 グラフィックデザイン専攻 卒業
    2016年 テクネ 審査員賞 受賞
    2016年 DesignAwards.Asia TOTD賞 受賞
    2018年 DesignAwards.Asia TOTD賞 受賞
    2018年 Webグランプリ BtoC賞 グランプリ 受賞
    2019年 AICHI AD AWARDS 2019 受賞

     

    https://mamezara.jp

Information

日時

2020.9.22 (火)(祝) 17:00 – 19:20 16:30から受付開始となります UTC+09:00

会場

FabCafe Nagoya
愛知県名古屋市中区丸の内3-6-18

※ 久屋大通公園内/名古屋市営地下鉄 久屋大通駅から徒歩で3分
Google mapで開く

参加費

会場参加:2,000円 / ZOOM参加:1,000円 ZOOM参加の方は当日参加URLをご連絡します

定員

会場参加:20名 / ZOOM参加:100名

開催終了

FabCafe Newsletter

月1回刊行!新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。