Tour

【5/15 SUN】エシカル・ツキイチ・マルシェ-ラクダカフェ出店 – at Hisaya-odori Park

名古屋栄 久屋大通公園から、エシカルなお買い物で、地域と世界が笑顔でつながる

  • #開催終了
  • #誰でもウェルカム

【エシカル・ツキイチ・マルシェ】の定期開催。
かつて名古屋テレビ塔下にて開催されていた【フェアトレード・ツキイチ・マルシェ】の歴史をつなぎ、再び久屋大通公園で、SDGsの目標である持続可能な社会を目指す「エシカル」な視点のマルシェが定期開催されます。地域から世界の課題解決に貢献し、街のにぎわいや活気を育み、 文化・交流の場の創出を目的としています。
【エシカル・ツキイチ・マルシェ】の1ブースをお借りして、FabCafeに集う方々を出店者としてお招きしていきます。

2022.5.15 (日) – 2022.5.15 (日)  UTC+09:00

10:00 – 16:00

Hisaya-odori Park (名古屋市中区久屋大通公園)ZOON1(シバフヒロバ) | Google mapで開く

入場無料

Share

開催終了

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、ご来場に際しては下記をお願いしております。
ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

・マスクをご着用のうえご参加ください。
・お住まいの地域の自治体から、外出や移動に関する自粛の呼びかけが出ている場合は参加をご遠慮ください。
・体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
・政府および愛知県・名古屋市から、店舗営業や開催について中止の要請を受けた場合、開催を中止する場合が生じます。

-出店者紹介-

今回FabCafeブースに出店するラクダカフェさんは、コーヒー豆の販売はもちろん、コーヒーかすを再利用したコンポストづくりワークショップを行います。ラクダカフェの松澤氏はSCAJアドバンスドコーヒーマイスターであり、日本土壌協会 土づくりアドバイザーでもある、コーヒーかすコンポストづくりのスペシャリストです。

コーヒーを淹れ終わったあとには捨ててしまうだけのコーヒーかすをふたたび土づくりに活かす。日常に新たな習慣と循環を生み出してみませんか?

Compost =堆肥のことです。家庭から出る生ごみや落ち葉などを微生物の力を利用して発酵・分解させ堆肥化するもの。
生ごみの減量化はもちろん、家庭菜園などに利用できる堆肥を手づくりすることができます。

  • 松澤有美子

    有限会社ビショップ/ラクダカフェ

    デザイン&編集プロダクション、有限会社ビショップの編集者兼取締役。2007年よりコーヒーの焙煎を始め、SCAJアドバンスドコーヒーマイスターを取得。そのかたわら土づくりアドバイザーとして都市型農業にも関わり、日々、野草や虫と格闘している。 珈琲博覧日の実行委員としてデザイン・コーヒー・農業を暮らしに取り入れ、小さな循環を生み出す活動を開始。日本人が昔から大切にしてきた知恵を蓄え野に生きる人。

    デザイン&編集プロダクション、有限会社ビショップの編集者兼取締役。2007年よりコーヒーの焙煎を始め、SCAJアドバンスドコーヒーマイスターを取得。そのかたわら土づくりアドバイザーとして都市型農業にも関わり、日々、野草や虫と格闘している。 珈琲博覧日の実行委員としてデザイン・コーヒー・農業を暮らしに取り入れ、小さな循環を生み出す活動を開始。日本人が昔から大切にしてきた知恵を蓄え野に生きる人。

商品リスト

  • コンポストワークショップ(所要時間:約20分) /¥500
  • コーヒー豆 浅煎り飲み比べセット3銘柄×50g/¥1.000
  • コーヒー豆 中深〜深煎り飲み比べセット3銘柄×50g/¥1.000
  • ドリップバッグ1個/¥160
  • コールドブリュー 30g×2個/¥500

【交通】名古屋市営地下鉄 久屋大通駅 徒歩3分
【駐車場】近隣にコインパーキング有
【雨天時】開催 ※中止の場合は主催者SNSにて発表

協力・会場

  • RAYARD Hisaya-odori Park

    レイヤードヒサヤオオドオリパーク

    「RAYARD」とは、年齢や性別問わず誰もが訪れ、楽しむことができるパブリックスペースである公園と、商業施設を一体化して運営を行うことで新しい価値と体験に訪れる人に提供する、三井不動産の新たな取り組みです。様々な「ヒト・コト・モノ」が集まり、それらが複層的に交わることで、新しい価値が生まれる場所という想いを込め、“層・重なり”という意味の「LAYER」に、「RAY(光)+YARD(庭)」=光の当たる庭という意味を加えて、「RAYARD」と名付けています。

    「RAYARD」とは、年齢や性別問わず誰もが訪れ、楽しむことができるパブリックスペースである公園と、商業施設を一体化して運営を行うことで新しい価値と体験に訪れる人に提供する、三井不動産の新たな取り組みです。様々な「ヒト・コト・モノ」が集まり、それらが複層的に交わることで、新しい価値が生まれる場所という想いを込め、“層・重なり”という意味の「LAYER」に、「RAY(光)+YARD(庭)」=光の当たる庭という意味を加えて、「RAYARD」と名付けています。

  • FabCafe Nagoya

    ものづくりカフェ&クリエイティブコミュニティ

    人があつまり、出会い、つながっていくカフェという空間に、レーザーカッターやUVプリンターなどデジタルファブリケーションマシンを設置。カフェとしての機能だけでなく、コワーキングスペースとして、気軽にものづくりを楽しむことができるクリエイティブスペースとして、その価値はますます広がっています。

    そんなFabCafeの世界12拠点目、国内で4拠点目となるFabCafe Nagoyaは、株式会社ロフトワークとOKB 大垣共立銀行グループ会社の株式会社OKB総研(本社:岐阜県大垣市)と協働でスタートしました。

    FabCafe Nagoyaは、東海エリアで活動するクリエイター、プロデューサー、エンジニア、アーティストや、企業、自治体、教育機関などのさまざまな人が集うコミュニティを可視化し、「循環(サーキュラー)」を実現させる未来へ向けた手段やアプローチを共に考え、クリエイティブの力で東海エリアで新たな価値を生み出し、実装していくことを目指します。

    人があつまり、出会い、つながっていくカフェという空間に、レーザーカッターやUVプリンターなどデジタルファブリケーションマシンを設置。カフェとしての機能だけでなく、コワーキングスペースとして、気軽にものづくりを楽しむことができるクリエイティブスペースとして、その価値はますます広がっています。

    そんなFabCafeの世界12拠点目、国内で4拠点目となるFabCafe Nagoyaは、株式会社ロフトワークとOKB 大垣共立銀行グループ会社の株式会社OKB総研(本社:岐阜県大垣市)と協働でスタートしました。

    FabCafe Nagoyaは、東海エリアで活動するクリエイター、プロデューサー、エンジニア、アーティストや、企業、自治体、教育機関などのさまざまな人が集うコミュニティを可視化し、「循環(サーキュラー)」を実現させる未来へ向けた手段やアプローチを共に考え、クリエイティブの力で東海エリアで新たな価値を生み出し、実装していくことを目指します。

主催

Information

日時

2022.5.15 (日) – 2022.5.15 (日) 10:00 – 16:00 UTC+09:00

会場

Hisaya-odori Park (名古屋市中区久屋大通公園)ZOON1(シバフヒロバ)
Google mapで開く

参加費

入場無料

オーガナイザー

主催: ツキイチマルシェ委員会

開催終了

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。