Campaign

チロルチョコのパッケージ寄付BOX「チ層」設置中!【ギネスに挑戦】

FabCafe Kyotoにてご注文の方にチロルチョコ1個プレゼント中!

  • #開催終了
  • #誰でもウェルカム

モザイクアートでギネスに挑戦するための材料としてチロルチョコの包装紙を集めます。

2020.12.22 (火) – 2021.1.18 (月)  UTC+09:00

FabCafe Kyoto / MTRL KYOTO | Google mapで開く

Free!

Share

開催終了

本企画は、FabCafe Kyotoを使ってさまざまな活動を展開する3ヶ月限定レジデンスプログラム、『COUNTER POINT』の第1期として活動中の「チロルチョコの成れの果て」によるものです。

チロルチョコを愛してやまないチロリストちあ吉。COUNTER POINTの第1期プロジェクトとしても参加しており、1/19~22はFabCafe Kyotoでチロルチョコのパッケージを使ったモザイクアートの制作を行います。今回はそのギネス記録に挑戦するための素材として、FabCafe Kyoto1Fにて食べ終わった後のチロルチョコのパッケージを回収いたします。現在の世界記録は3030枚!果たしてその記録を塗り変えることはできるのか!?一緒にギネスに挑戦しましょう!

FabCafe Kyotoでは現在、一品以上ご注文していただいた方にもれなくチロルチョコ1個をプレゼントするサービスを行なっております。是非、FabCafeで注文をしてチロルをGetしてください!そして食べ終わったあとは、チロルチョコのパッケージ(外装のみ)をチ層に入れてください!
ご家庭からお持ちいただいたパッケージだけでなく、FabCafeで食べたものを入れていただいてもとても嬉しいです。

チロルチョコのパッケージの回収には「チ層」を使用。「チロルチョコの層」と「地層」がネーミングの由来です。透明なアクリル板でできているので、食べたチロルチョコのパッケージを層のように見ることができます。重なるパッケージと共に、チロルチョコと共に積み重ねた思い出も感じることができるコレクションBOXとなっています。ロゴデザインから設計、組み立てまで全てチロリストちあ吉によるハンドメイド。愛情を込めて作られた一点モノです。
なんのためにこのチ層を作ったのかって?チロルチョコのパッケージの美しさを眺めるためです!

チロ吉がひとつひとつ心を込めて作った「チ層」のディティールにも注目です。

  • チロルチョコのパッケージをいつも捨ててしまっている方
  • チロルチョコのパッケージを集めているけど、どう活用しようか悩んでいる方
  • ギネス記録の達成に一役買いたい方
  • FabCafeKyotoにいらっしゃる方
  • チロリストちあ吉

    チロルのパッケージコレクター歴10年のチロリスト。チョコレートエキスパート資格所有。チロルチョコへの愛が止まらず、チロリストとしてTwitterやYouTube等でチロルチョコの魅力を広げる活動をしている。将来の夢はチロルチョコを世界で1番愛されるお菓子にすること。
    Youtube
    Twitter
    Instagram

企画に関するお問合せ先
チロリストちあ吉 tirolist-chiakichi@gmail.com

Information

日時

2020.12.22 (火) – 2021.1.18 (月) UTC+09:00

会場

FabCafe Kyoto / MTRL KYOTO
〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554

■電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

■バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分

※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
Google mapで開く

参加費

Free!

開催終了

Recommend

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。