Talk Event

ブラウザの中も外も、クリエイティブコーディング。

つくりかた、こわしかた、ディレクションを事例とともに。

  • #開催終了

ビジュアル表現における「いい感じ」は、どのように生まれ、実装されているのでしょうか。クリエイティブコーディングとその実装方法を語り合うトークイベントを開催します。ゲストは、クリエイティブコーダーとして第一線で活躍される足立紗彩さん・池田亮さんです。【主催:株式会社ロフトワーク】

2024.5.11 (土)  UTC+09:00

17:00〜19:30(16:50 開場)

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO) | Google mapで開く

40名

1,000円 1ドリンク付き

Share

開催終了

ふと街中でダイナミックな動きのある映像を見て立ち止まったり、ウェブサイトにアクセスして滑らかなアニメーション表現に驚いたり、訪れたイベントのインタラクティブアートに感動したりという経験はありませんでしょうか。

私たちは、ビジュアル表現の「いい感じ」に惹かれる事がしばしばあります。そういった動きを作っている一つの方法がクリエイティブコーディングです。

今回は、クリエイティブコーダーとして第一線で活躍される株式会社STARRYWORKS 足立紗彩さん、株式会社devdev 池田亮さんをお招きし、ご自身の活動やお仕事でのメソッドや心がけ、参加されたプロジェクトにおけるチャレンジなど、どうつくり、どうこわして表現を生み出しているか、お話しいただきます。

また、弊社のWeb構築プロジェクトにて、WebGLなどのダイナミックなアニメーション実装をディレクションしてきたテクニカルディレクターの伊藤友美から、ウェブサイトに実装するうえでの難しさや工夫ポイント、クオリティの引き上げ方をお話しします。

すでに何かをデザインする、実装する、企画することに関わっている方はもちろん、これから関わりたいと考えている学生の方や社会人の方にとっても刺激のある時間になるかと思います。ぜひご参加ください。

  • クリエイティブコーディング、ウェブデザイン、インタラクティブアートなどの活動をされている方
  • ウェブデザインに携わっており、これから新しいチャレンジをしよう・したいと考えている方
  • これから(クリエイティブ)コーディングに挑戦しよう・したいと考えている方
  • ウェブサイト運用・イベント企画などの業務を担当し、今後新たな活動を検討されている方
  • その他、ウェブ制作に関わりのある方、アート領域に関わりのある方

“Webと体験コンテンツ、それぞれの事例を元に、エンジニアとして案件にどのように携わっているか。自分なりのこだわりとやりがいの見つけ方についてお話できればと思っています。”

<<プロフィール>>
2021年に株式会社STARRYWORKSにエンジニアとして入社。 Web、アプリケーション、デジタルコンテンツなどの開発を担当。 個人活動としては、アナログとデジタルの新たな境界の定め方をテーマに、インタラクティブアートやデジタルプロダクトの制作を行う。

Insagram: @a_saya_108

“今、僕にとってのクリエイティブコーディングは、ライフワークでもあり、クライアントワークで助けてくれる非常に強力なスキルでもあります。それぞれの考え方、作り方をいくつかの作品と実績を紹介する形で伝えていければと思います。”

<<プロフィール>>
devdev Inc. Founder / Creative Coder / Programmer。HTML/CSS/WebGL等のWeb技術を使った表現や演出を得意とし、それらを生かしたクリエイティブコーディング作品をX(旧twitter)に定期的に投稿している。また、Webサイトのアニメーションやインタラクションの実装も数多く手がけている。富山在住。

株式会社devdev

“Webサイトにおいて、従来のコーディングとクリエイティブコーディングで実装した部分ではサイト上での役割が違います。過去にロフトワークで両者を取り入れ実装したサイトをご紹介しながら、従来のWebサイト構築とは一味違う実装をする際のディレクション方法について、ご紹介します。”

<<プロフィール>>
多摩美術大学映像演劇学科卒業後、SPツールやノベルティの企画デザイン職として勤務。業務の一環でサイト更新を担当したことがきっかけでコーディングに興味を持ち、フリーランスのWeb制作事務所にコーダーとして転職。大手化粧品のブランドサイトやアパレルブランドのキャンペーンサイトの制作などに携わる。深夜まで残業続きの生活が続く中、PMBOKに基づいた制作体系に興味を持ち2018年にロフトワーク入社。趣味は料理と読書、アート鑑賞。休日はギャラリーや美術館に足を運び、冬の味噌と夏の梅干しは毎年欠かさず仕込む。

<<プロフィール>>
日本三大奇勝の一つ、大分県中津市耶馬渓町出身。京都教育大学、北海道大学大学院理学院を経て3年間高校で数学を教える。その後Web業界に転身し、5年間QAディレクターとしてWebサイトの運用支援・開発に携わる。デザインに触れる側から創る側に移ったことで、(広義の)デザインに強く興味を抱く。個人のミッションである「子どもたちが生きやすい社会を実装する」ため、Webに限らず世の中と関われるロフトワークへ2023年に入社。平日はお店でカレーを食べ、休日は家でカレーを食べている。

開催日 2024年5月11日(土) 17:00〜19:30(16:50 開場)
場 所 FabCafe Kyoto(〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554)
定 員 40名
参加費 1,000円(1ドリンク付き)
配 信 なし
主 催 株式会社ロフトワーク
ご注意
  • 参加者の皆さんの写真やトークの内容は後日loftwork.comに掲載する場合があります。
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります。
お問い合わせ 本イベントに関するお問合せは、メールにて下記までお願いいたします。
kyoto.marketing@loftwork.com(担当:笹島)

メインビジュアルについて

本イベントのメインビジュアルは、ゲストの池田亮さんに協力いただき、アーカイブされた作品の中から SKETCH/108 を元に作成させていただきました。
フラクタルな図形の増減の見せ方、そのなめらかな動き、ランダムなカラーリング、ずっと見ていられる作品です。(笹島)

Program

16:50

開場

17:00〜17:05

趣旨説明

17:05〜17:20

「クリエイティブコーディングというスパイスで変わるWebディレクション」
株式会社ロフトワーク 伊藤友美

17:20〜17:40

「多様なアウトプットに対してのエンジニアとしての関わり方」
株式会社STARRYWORKS 足立紗彩

17:40〜17:50

休憩

17:50〜18:10

「クリエイティブコーディングの自由とスキル」
株式会社devdev 池田亮

18:10〜18:40

質疑応答 / ゲストクロストーク

18:40〜19:20

交流(任意参加)

19:30

閉場

Information

日時

2024.5.11 (土) 17:00〜19:30(16:50 開場) UTC+09:00

会場

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554

■電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

■バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分

※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
Google mapで開く

参加費

1,000円 1ドリンク付き

定員

40名

オーガナイザー

Organizer: 株式会社ロフトワーク

開催終了

Share

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。