Workshop

穏やかに招き入れる “破壊” の世界

「こわすこととつくること」を考えるワークショップ

  • #開催終了
  • #誰でもウェルカム

さあ、破壊をシェアしましょう。このイベントでは、参加するみなさんに「こわしたいもの」をご持参いただきます。「捨てたいけど踏ん切りがつかないもの」でもOK。物質でも非物質でも、どうぞご自由にお選びください。そして、こわせばどうなるか。 みんなで観察しましょう。
(主催:高杉静代 [アーティスト / Nomadic Toys])

2022.9.3 (土)  UTC+09:00

18:00 – 21:00 17:30開場

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO) | Google mapで開く

20名

¥1,000 ワンドリンク+イベント限定おみやげ付き

Share

開催終了

外部サイト(Peatix)に移行します

さあ、破壊をシェアしましょう。

「こわすこととつくること」は同一線上にあり、私たちは日常的に小さな破壊行為をしています。
例えば、料理は材料の破壊です。掃除は「汚れた場所という状態」の破壊。TPOを考慮しなければ場の雰囲気を破壊しますね。
この度のイベント「穏やかに招き入れる “破壊” の世界」では、「こわしたいもの」をご持参いただきます。「捨てたいけど踏ん切りがつかないもの」でもOK。物質でも非物質でも、どうぞご自由にお選びください。
そして、こわせばどうなるか。
みんなで観察しましょう。
※ 公序良俗に反しない範囲でお願いします。
※ 簡単なゲーム方式で、こわしてみます。

タイムテーブル

18:00:Introduction
持ち寄った「こわすもの」を紹介する


18:30:こわしかたを考える
「こわす」アイデアを考える
紙に書いてカードにする


19:30:こわす
こわしはじめる
カードに書いた「こわす」アイデアも使う
時間の限り、こわす

持ち物

  • 「こわしたいもの」や
    捨てたいけど踏ん切りがつかないもの」など 1,2点
  • 物質・非物質を問いません。

こんな人におすすめ

  • 捨てたいが捨てられないものがある人
  • ありがちなものが好きじゃない人
  • ものづくりってそもそも何?と根本的疑問がある人
  • なんとなく世間に不満や窮屈さを感じている人
  • 少し壁にぶつかっている最中の人
  • 自分をミニマリストだと思っている人
  • 単純に「このイベントおもしろそう!」と感じた人

 

本イベントは、FabCafe Kyotoが提供するプロジェクト・イン・レジデンスのプログラム「COUNTER POINT」の参加メンバーが主催するワークショップです。「COUNTER POINT」詳細については、こちらをご覧ください。

  • 髙杉 静代

    アーティスト

    「I make things to blur the boundaries」をモットーに「Nomadic Toys(遊牧する玩具)」という名のプロジェクト・作品制作を行う。これは、個人の性質や些細な物事がパワー(権力)に回収され、弱体化を余儀なくされる社会システムの構造に抵抗しつつ共存してみるための活動。WS・イベント・展示の参加者や鑑賞者には、作品の展示場所/使用法/イデオロギー/権威的圧力などの枠に縛られないノマディックな振る舞いをゆるしている。視覚作品として、ふれあうことを前提に作られた不定形のオブジェクト、ドローイング、アクセサリーとして使えるウェアラブルワークがある。

    「I make things to blur the boundaries」をモットーに「Nomadic Toys(遊牧する玩具)」という名のプロジェクト・作品制作を行う。これは、個人の性質や些細な物事がパワー(権力)に回収され、弱体化を余儀なくされる社会システムの構造に抵抗しつつ共存してみるための活動。WS・イベント・展示の参加者や鑑賞者には、作品の展示場所/使用法/イデオロギー/権威的圧力などの枠に縛られないノマディックな振る舞いをゆるしている。視覚作品として、ふれあうことを前提に作られた不定形のオブジェクト、ドローイング、アクセサリーとして使えるウェアラブルワークがある。


  • COUNTER POINT

    「COUNTER POINT」は、FabCafe Kyotoが提供するプロジェクト・イン・レジデンスのプログラムです。組織を頼らず自分たちの手で面白いことがしたい」「本業とは別に実現したいことがある」そんな好奇心と創造性に突き動かされたプロジェクトのための、3ヶ月限定の公開実験の場です。流浪する河原者たちが新しいスタイルの芸能”歌舞伎”を生み出した京都・鴨川の近く、築120年を超える古民家をリノベーションしたFabCafe Kyotoを舞台に、個人の衝動をベースにした新たなエコシステムの構築にチャレンジしています。
    >> COUNTER POINT関連記事・イベント一覧

    「COUNTER POINT」は、FabCafe Kyotoが提供するプロジェクト・イン・レジデンスのプログラムです。組織を頼らず自分たちの手で面白いことがしたい」「本業とは別に実現したいことがある」そんな好奇心と創造性に突き動かされたプロジェクトのための、3ヶ月限定の公開実験の場です。流浪する河原者たちが新しいスタイルの芸能”歌舞伎”を生み出した京都・鴨川の近く、築120年を超える古民家をリノベーションしたFabCafe Kyotoを舞台に、個人の衝動をベースにした新たなエコシステムの構築にチャレンジしています。
    >> COUNTER POINT関連記事・イベント一覧

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、ご参加に際しては下記をお願いしております。
ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

・マスクをご着用のうえご参加ください。
・ご来館時、館内洗面所での手洗いをお願いいたします。
・お住まいの地域の自治体から、外出や移動に関する自粛の呼びかけが出ている場合は参加をご遠慮ください。
・体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください。
・政府および京都府・京都市から中止の要請を受けた場合、開催を中止する場合が生じます。

Information

日時

2022.9.3 (土) 18:00 – 21:00 17:30開場 UTC+09:00

会場

FabCafe Kyoto (MTRL KYOTO)
〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554

■電車でのアクセス
JR京都駅から徒歩20分
京都市営地下鉄烏丸線五条駅から徒歩10分
阪急電鉄京都線河原町駅から徒歩15分
京阪電鉄清水五条駅から徒歩5分

■バスでのアクセス
京都駅から4・17・205号系統 五条河原町下車徒歩3分

※駐車場はありません。近隣の施設をご利用ください。
Google mapで開く

参加費

¥1,000 ワンドリンク+イベント限定おみやげ付き

定員

20名

開催終了

外部サイト(Peatix)に移行します

Recommend

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。