Bias Breakdown Program/研修・人材育成プログラム

クリエイティブカンパニー/FabCafe Nagoyaのデザイン思考を取り入れた、研修・人材開発プログラムについて

Bias Breakdown Program

組織のバイアスを破壊する
人材開発プログラム

#人材育成 #社員研修 #外部パートナー #地域交流
#社会・組織課題 #デザイン思考

デザイン思考の学習と実践を通じて、自社事業を捉え直すための新しい視点・視座を獲得するクリエイティブ・プログラムです。
近年注目されている”デザイン経営”は、社会のニーズを利用者目線で掘り起こし、ブランドやイノベーション力を高め、企業価値を発展させる取り組みを指します。経済産業省・特許庁もデザイン経営に力を入れ始め、2018年に「デザイン経営宣言」を出しています。私たちは、そんなデザイン思考の導入として、本プログラムを実施しています。
また、プログラムを通して、「サーキュラー・エコノミー」など社会課題についての理解も深めることで、未来の産業や社会、トレンドを先取りし、自社事業に活かす組織の土壌作りを行っています。

発想できないのではなく “引き出せない”だけ

記憶は、保存しておくだけではなく、状況や必要に応じて”引き出す習慣”が必要です。
たとえば、野球選手で考えてみましょう。彼らは、野球とは異なるスポーツをトレーニングに取り入れています。これは、あえて異なる動きをするスポーツを、トレーニングメニューに取り入れることにより、頭の処理能力を高め、野球の技術力向上や新たな視点の習得、そして臨機応変なチャレンジができる土壌つくりを行なっているのです。

日常の素材から
架空の惑星を見つけるツール

制作:koseko books|小瀬古文庫

身近な日常から架空の惑星を発見する「惑星発見器」。一見すると謎のディスク状のプロダクトですが、素材に「惑星発見器」をかざすことで、表面が惑星に見立てられます。
このように、新しい視点を”引き出す”ような、ワクワクするツールや学びの機会を、クリエイターとともに制作し、本プログラムに導入しています。

 

Day1 プロトタイピング
Day2 前半 フィールドワークリサーチ
Day2 後半 レクチャー・アクタントマップ制作
Day3 コ・デザイン(共創のデザイン)
Day4 サーキュラーデザイン
Day5 講評・フィードバック

※課題感や目的によって、プログラム内容をチューニングいたします。

  • プロトタイピング

    頭の中のアイデアをすばやくプロトタイピングするための手法を学びます。ただやり方をなぞるだけでなく、短い時間で、チームメンバーとともに議論し、効果的なフィードバックを得るための”文化の醸成”を目的としています。
    Day1レポート記事/“バイアス”を外し、現状維持を打破せよ!-サーキュラーエコノミーへのシフト-

  • フィールドワークリサーチ

    本人自身も気付いていないような、言語化できていないニーズやインサイトを知り、顧客と製品・サービスを結びつける「ユーザーインタビュー」を実践。見落としがちな”外部の視点”を学びます。
    Day2レポート記事/脱バイアスへの挑戦② 前編 “天然”醸造に学び、「ステークホルダー」を俯瞰せよ!

  • アクタントマッピング

    人間中心から”環境配慮型”にリ・デザインするため、人間および人間以外のステークホルダー(アクタント)に共感するためのワーク。製品やサービスに関わる直接的なアクタントと、間接的なアクタントをそれぞれマッピングし、具体の行動・活動プランを考えていきます。

  • コ・デザイン(共創のデザイン)

    「コ・デザイン」とは、作り手であるデザイナーや専門家だけでなく、利用者や利害関係者である使い手が積極的に関わりながら、一緒に手を取り合い、共創しながらモノ・コトをつくる手法です。利用者・消費者視点の開発や企画力の要となる”デザインの態度”を学びます。

  • サーキュラー・デザイン

    グローバル化や環境対策など、100年に一度の大きな産業構造変化が迫ってくるのに伴い、巨大なバリューチェーンを支えてきた企業の生き残り戦略が大きな課題となっています。そんな、正解のない”VUCA時代”に必要な戦略の一環として、サーキュラー・エコノミーを踏まえたデザインの在り方を学ぶことで、時代に適した”広い視野で発想する力”を習得していきます。

  • 講評・フィードバック

    手を動かし、多様な視点を学び、施工してきたプログラムの集大成として、講評会で締めくくります。これまでの手法をおさらいするだけではなく、社員のパフォーマンスを向上させるのに欠かせない”心理的安全性”が担保されたチームづくりを学びます。

こんな課題感や期待をお持ちの企業にオススメ

  • 組織課題の一つである様々な”バイアス”を外すきっかけがほしい
  • ユーザー視点で新たなサービスや製品を考えたい
  • 既存ビジネスに囚われず、改革・改善を主体的に行える組織のキーマンやチームをつくっていきたい
  • 新たな取り組みをしたいが、自社だけでは限界を感じている
  • 人材=資本だと捉えており、会社の未来先を担う”主体性ある社員”を教育していきたい
  • 部署横断のプロジェクトチームを作り、 縦割りを脱したい
  • これまで行ってきた組織改革や社内ワーク、ブランディングがうまくいかず、従来のやり方ではない手段を探している
  • 創造ある建設的な考え方やデザイン思考を実践的に学び、未来の産業や社会、トレンドを先取りし、新規事業開発などの自社事業に活かしていきたい
  • 若者やクリエイターたちのリアルな声を聞き、互いに思いや価値観を共有しあえる場を持ちたい
  • 新たなに外部のコネクションや地域とのつながりがほしい

二期生募集中

現在、合同ワークの二期生を募集しております!2022年12月から開始予定ですので、ご興味ある企業さまは、まずは気軽にお問い合わせください。

壁打ちとは

ビジネスにおいては、誰かに話を聞いてもらい、考えを整理することを意味する言葉。 アドバイスや意見への答えを求めるのではなく、頭の中の整理を目的として行われます。

FabCafe Nagoyaでは、プロジェクトをご依頼いただく前の”棚卸し”も兼ね、実施しております。

FabCafe Nagoyaでは、数々のプロジェクト事例をまじえながら、ざっくばらんに意見交換ができる場として「壁打ち」の機会を設けています。

特に解決方法がなく、モヤモヤしたままタスクをこなす状況を改善したい時、新しいコトやサービスに取り組んでいきたいがどうすればいいか迷っている時など、仕事をしているとどうしても立ち止まってしまう時期がありますよね。

そんなときは、私たちと”壁打ち”してみませんか?他者と話すことにより、自分の気持ちやビジョンが言語化され、今まで気付かなかったことに気付いたり、視野が広がり頭の中が整理され、この先のアクションや解決策が見えてくることも。

※ 各種オンラインMTGサービスをご利用いただけます。弊社からご案内することも可能です。
※ 慣れておらず心配という方にはツールの使い方などもご案内いたします。
※ 個人/フリーランスの方、広告代理店や制作会社など受託業務に携わる方、営業目的の方のお申し込みはご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

Business Service/Work

お問い合わせ・壁打ち依頼は、以下よりお願いいたします。

お問い合わせフォーム

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。