Fab Meetup Nagoya - 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

Fab Meetup Nagoya

Fab Meetup Nagoyaとは?

「Fab Meetup」は、月に1度、多種多様なバックグラウンドの人々が集まってゆるーくお酒を飲みながら、「つくる」にまつわるアイデアやプロジェクトをシェアするミートアップイベント。

東京のFabCafeから始まり世界に広がったこのミートアップの名古屋編「Fab Meetup Nagoya」は、FabCafe Nagoyaのレギュラーイベントとして二ヶ月に一回、第一金曜日の夜に開催され、領域横断のコラボレーションのきっかけが生まれるコミュニティハブとして、たくさんの方に愛されるイベントに育っています。

Fab Meetup Nagoyaのルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。
スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して「つくる」仲間を探すことも大歓迎です。
名古屋で活動するクリエイター・プレイヤーたちが自由に発信し、飲食を通して交流し、そこで生まれた繋がりから、また新しいプロジェクトや表現に発展していく。

Fab Meetup Nagoyaは、そんな場を目指し、継続的に開催しています。

登壇希望のみなさまへ

Fab Meetup Nagoyaは、どんな人にも開かれたイベントとして、オープンな場を醸成することと、さまざまなクリエイター・プレイヤーのみなさんにとって、有意義な場とすることを大切に、運営を行っております。

そのため、過去のFab Meetupへ遊びに来てくださった方や、弊社のプロジェクトなどで直接お会いしたことがある方々を中心に、登壇者としてお声がけさせていただいております。

ですので、まずは”Fab Meetup Nagoya”でお会いしましょう!みなさまのお越しを、心よりお待ちしています。

Outline

名称

Fab Meetup Nagoya

概要

Fab Meetup Nagoya - 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

主な拠点

FabCafe Nagoya

オーガナイザー

活動拠点と活動ペース

活動拠点

FabCafe Nagoya


活動ペース

二ヶ月に一回開催

Members

  • 居石 有未

    FabCafe Nagoya プロデューサー

    名古屋造形大学大学院 修了。卒業後、大学の入試広報課にて4年勤務。2021年2月 FabCafe Nagoya 入社。

    年間50件以上のデザイン・芸術に関するレクチャーの開催や、年間10件以上のイベント企画運営、取材・広報業務などに携わってきた経験やこれまでの展示経験などを活かし、それぞれが心地よく”自己追求”できる環境づくりを心がけ、プロジェクトを実施する。

    好きな食べ物はいちご。

    名古屋造形大学大学院 修了。卒業後、大学の入試広報課にて4年勤務。2021年2月 FabCafe Nagoya 入社。

    年間50件以上のデザイン・芸術に関するレクチャーの開催や、年間10件以上のイベント企画運営、取材・広報業務などに携わってきた経験やこれまでの展示経験などを活かし、それぞれが心地よく”自己追求”できる環境づくりを心がけ、プロジェクトを実施する。

    好きな食べ物はいちご。

  • 斎藤 健太郎

    FabCafe Nagoya コミュニティマネージャー

    名古屋における人ベースの土壌を育むためにコミュニティマネージャーとしてFabCafe Nagoyaに立ち上げから携わる。電子工学をバックボーンに持ち科学技術への造詣が深い他、デジタルテクノロジー、UXデザインや舞台設計、楽器制作、伝統工芸、果ては動物の生態まで幅広い知見で枠にとらわれない「真面目に遊ぶ」体験づくりを軸とした多様なプロジェクトに携わる。インドカレーと猫が好き。

    名古屋における人ベースの土壌を育むためにコミュニティマネージャーとしてFabCafe Nagoyaに立ち上げから携わる。電子工学をバックボーンに持ち科学技術への造詣が深い他、デジタルテクノロジー、UXデザインや舞台設計、楽器制作、伝統工芸、果ては動物の生態まで幅広い知見で枠にとらわれない「真面目に遊ぶ」体験づくりを軸とした多様なプロジェクトに携わる。インドカレーと猫が好き。

  • 甲斐 慶太

    FabCafe Nagoya カフェマネージャー

    1991年大分県出身。突発と偶発の機会を求めて。スペシャリティコーヒーのカフェチェーンにて顧客体験を最大化するトータルマネジメントを現場で10年経験。コーヒーの産地特性から抽出方法までの知見を持ち、経験を活かしたサービス・ドリンク・フード開発おこなう。プレーヤーとしてさらなる可能性を追い求めるため、FabCafe Nagoyaに立ち上げより携わり、名古屋における新たなコーヒーストーリーの繋ぎ手として、近郊のカフェや有識者との共創を楽しみながら実践している。

    また、異業種3名からなるコーヒー体験実験ユニット【Drip Drop Dope 】に所属し、様々な要素を組み合わせ今まで誰も体験したことのないようなコーヒー体験を通じて新たなるカルチャーを世に放つことを目指し活動中。

    1991年大分県出身。突発と偶発の機会を求めて。スペシャリティコーヒーのカフェチェーンにて顧客体験を最大化するトータルマネジメントを現場で10年経験。コーヒーの産地特性から抽出方法までの知見を持ち、経験を活かしたサービス・ドリンク・フード開発おこなう。プレーヤーとしてさらなる可能性を追い求めるため、FabCafe Nagoyaに立ち上げより携わり、名古屋における新たなコーヒーストーリーの繋ぎ手として、近郊のカフェや有識者との共創を楽しみながら実践している。

    また、異業種3名からなるコーヒー体験実験ユニット【Drip Drop Dope 】に所属し、様々な要素を組み合わせ今まで誰も体験したことのないようなコーヒー体験を通じて新たなるカルチャーを世に放つことを目指し活動中。

  • 平山 亮太

    FabCafe Nagoya アシスタントディレクター

    愛知の地で育ち、ひょんなことに2022年春からFabCafe Nagoyaでお世話になり始める。
    傍ら、国際芸術祭「あいち2022」ラーニングプログラムへ参加。場に固着したイメージや、儀式的しきたりを日常的営みへと掛け合わせる現場のアーカイブを遺す手法を探索・模索する。また、双方の間に現れる狭間に興味関心を寄せる。

     

    愛知の地で育ち、ひょんなことに2022年春からFabCafe Nagoyaでお世話になり始める。
    傍ら、国際芸術祭「あいち2022」ラーニングプログラムへ参加。場に固着したイメージや、儀式的しきたりを日常的営みへと掛け合わせる現場のアーカイブを遺す手法を探索・模索する。また、双方の間に現れる狭間に興味関心を寄せる。

     

お問い合わせ

FabCafeや各Open Labsの活動に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Contact

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。