Column

2019.12.11

冬の夜を華やかに彩る一夜。200年の伝統をもつ「三寺まいり」で縁結び

伊藤 優子

FabCafe Hida 宿泊・カフェ担当

Hida

こんにちは。cafeと宿泊担当の優子です。新年開けて、お正月が過ぎてまもなく。毎年1月15日に飛騨古川で行われる「三寺まいり」をご存知でしょうか?明治・大正期には野麦峠を越えて出稼ぎに出ていた飛騨の女工たちも楽しみにしていたという、200年の歴史がある行事です。
三寺まいりでは、円光寺真宗寺本光寺の3つのお寺を巡拝します。明治時代、若い男女の出会いの場となったことから、現在では恋愛就や良縁を祈願する「縁結びが叶うおまいり」として注目されています。

地元の方も、子どもからお年寄りの方まで、この日は夜になると幻想的な灯りの中、3つのお寺を巡りおまいりします。町は、厳かでありながら、たくさんのろうそくと色とりどりの着物に彩られ、冬の美しい町なみとともにこの日だけの華やかな風景を見ることができます。


恋愛成就を願いを込めた、ろうそくの意味。

三寺を参る際に通る、瀬戸川沿いでは灯篭流しが行われます。また、紅白の千本の和ろうそくに火が灯されます。
縁結びのおまいりとして知られている三寺まいりの白色と赤色のろうそくには、それぞれの意味があります。恋愛成就の願いを込めておまいりする時には白いろうそくを灯し、もしもその願いが叶ったら、次の年には赤いろうそくを灯すというならわしです。 

飛騨市長の都竹さんも素敵な装いで献灯式に。そんな様子や、お参りの風景を撮影しに、この日は、たくさんのカメラマンが全国から集まります。

雪や氷点下の寒さもありますが、松明の火で体を温めたりしながらお参りします。

 

町の中には、あちらこちら雪でできた巨大なろうそくが泰然と立ち並びます。この日のために町の人々がこの高さ2m、およそ20基の巨大なろうそくを雪で作ります。


お寺に奉納される重さ13kgにも及ぶ和ろうそくを作る老舗店。

 

飛騨古川には、江戸時代から続く和ろうそくの老舗店があります。ここで何ヶ月もかけて製作された重さ13kgにも及ぶ大きな和ろうそくが、3つのお寺に奉納されます。
お店は本光寺の近く。見学も可能で、7代目のご主人から、ろうそくの歴史から作り方や使い方、飛騨のお話を聞くことができます。様々なサイズやデザインの和ろうそくは、お土産にもぴったりです。

三嶋和ろうそく店

住所     〒509-4234 岐阜県飛騨市古川町壱之町3−12
営業時間    9:30~17:00
電話     0577-73-4109
定休日            水曜日・1/1~1/3
駐車場            なし


寒くても食べ歩きたい。地元の人々による温かいおもてなし。

お寺の境内、円光寺近くの祭り広場、町の通りには、暖かい鍋や、飛騨の美味しいお米でできたお餅、飛騨牛、温かい酒まんじゅう、甘酒や日本酒など、様々な出店がでます。飛騨の美味しいもの・あったかいものを食べて、身も心もほっこりしましょう。


手ぶらで来ても大丈夫。着物を装い、とっておきの一日を。

cafeにご来店いただくお客様も、皆さんお着物でとっても華やかです。大洞呉服店では、素敵な着物のレンタルから着付けまでしてくれます。飛騨にふらっと来て、気軽に着物を着られるのは嬉しいですよね。

染めと呉服 大洞

住所     〒509-4232 岐阜県飛騨市古川町本町2ー15
営業時間    9:00~19:00
電話     0577-73-2209
定休日            木曜日
駐車場            有


FabCafe Hidaもこの日は特別営業。いつもと違う雰囲気をお楽しみいただけます。

FabCafe Hidaスタッフも、大洞呉服店で着付けていただき着物でお出迎え。普段は夕方までの営業ですが、三寺まいりの日は、特別に夜も営業します。昨年は町の方と協力してイベントを開催したり、ホットワインやえごま白玉ぜんざいなど、この日だけの特別メニューをご提供しました。
2020年の三寺まいりの日も、たくさんのお客様に来ていただけるよう、企画やメニューを考えてお待ちしてますね。参拝に行かれる前や、お参りで冷えた体を温めに、どうぞFabCafeにお立ち寄りください。

●『飛騨古川三寺まいり』FabCafe Hida 延長営業 & 宿泊プランの お知らせ
詳しくはこちら


歴史や町の行事が大事に守られている、飛騨に遊びに来ませんか?

飛騨古川にご宿泊の際はぜひFabCafe Hidaをご利用くださいませ。
ご宿泊・体験プランはこちら。

三寺まいりの日のFabCafe Hidaの営業時間・イベントに関する最新情報は随時本サイトやFabCafe HidaのInstagram・Facebookでお知らせいたします。

Share

Author

  • 伊藤 優子

    FabCafe Hida 宿泊・カフェ担当

    岐阜県の美濃地方東濃ヒノキの産地・中津川市出身。デザイン系の専門学校卒業後、下呂温泉の仲居として9年間働く。2017年にFabCafe Hidaにジョインし、お客様への心のこもったおもてなしを大切に、宿泊とcafe、時々広葉樹お箸づくりやfabなどのものづくりサポートを担当。定番メニューのカヌレの考案やランチメニューの企画にも携わる。趣味は写真。FabCafe HidaのInstagramやFacebookのSNSから、飛騨の魅力、日々のきらきらやわくわくを多くの人にお届けすべく、#ヒダクマの日常や、#FabCafe Hidaで見る風景などを更新中。

    岐阜県の美濃地方東濃ヒノキの産地・中津川市出身。デザイン系の専門学校卒業後、下呂温泉の仲居として9年間働く。2017年にFabCafe Hidaにジョインし、お客様への心のこもったおもてなしを大切に、宿泊とcafe、時々広葉樹お箸づくりやfabなどのものづくりサポートを担当。定番メニューのカヌレの考案やランチメニューの企画にも携わる。趣味は写真。FabCafe HidaのInstagramやFacebookのSNSから、飛騨の魅力、日々のきらきらやわくわくを多くの人にお届けすべく、#ヒダクマの日常や、#FabCafe Hidaで見る風景などを更新中。

FabCafe Newsletter

月1回刊行!新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。

FabCafeのビジネスサービス

企業の枠をこえて商品・サービスをともに作り上げていく
FabCafeのオープンイノベーション