Event report

2018.3.8

“OTO” Kyoto Audible Research Open Meeting #2 レポート

木下 浩佑

FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー・Fabディレクター / MTRL プロデューサー

2018年3月10日に Ken Okami さんを迎えて開催した、“OTO” Kyoto Audible Research 第3回Open Meetingの様子をお届けします。

当日は、Ken Okamiさんの蛍光灯ノイズのデモンストレーションに加えて、皆で手を繋いでアンテナに近づいたり蛍光灯に触れたりすることで「電気を通すものの相互干渉による音の変化」を体験する時間となりました。

また、建物の事情で大きな音を鳴らせないMTRL KYOTOでしたが、館内スピーカーからだけでなく天井から吊り下げた複数のヘッドホンで音量を調整しながら聴くことで、「音の粒感・物質感」を体感できる仕掛けを試みています。

Ken Okami さんのプログラム終了後は、OTOメンバーによるショートプレゼンテーションも実施。MTRL KYOTOで滞在制作中のおおしまたくろうさんによるプロジェクト、 田中秀樹さんによる「配線ニット x バッグ」「光を音に変える装置」が発表されました。

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!!!(text : 木下浩佑[MTRL KYOTO])

▼当日の写真はFlickrからもご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/mtrl/albums/72157693655943624

▼ “OTO” Kyoto Audible Reserchのfacebookグループはこちらから。
https://www.facebook.com/groups/703632153172601/
コミュニティの活動趣旨に賛同いただける方はどなたでも大歓迎ですので、ご興味ある方はぜひご参加ください!今後のイベント開催時のご案内なども、こちらでお知らせします。

 

P1680034

 

P1680035

 

 

 

 

 

 

 

Author

  • 木下 浩佑

    FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー・Fabディレクター / MTRL プロデューサー

    カフェ「neutron」・ギャラリー「neutron tokyo」マネージャー、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」企画担当を経て、MTRL / FabCafe Kyotoに立ち上げより参加。カフェであると同時にコワーキングスペースやメイカースペースとしての顔も持つFabCafe Kyotoの店舗運営と年間平均100件を超えるイベント開催を通して、「コラボレーションが生まれるコミュニティスペースづくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践。オープンかつジャンルレスにものづくりに関わるクリエイター・企業の集まるコミュニティを形成している。
    https://loftwork.com/jp/people/kousuke_kinoshita

    カフェ「neutron」・ギャラリー「neutron tokyo」マネージャー、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」企画担当を経て、MTRL / FabCafe Kyotoに立ち上げより参加。カフェであると同時にコワーキングスペースやメイカースペースとしての顔も持つFabCafe Kyotoの店舗運営と年間平均100件を超えるイベント開催を通して、「コラボレーションが生まれるコミュニティスペースづくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践。オープンかつジャンルレスにものづくりに関わるクリエイター・企業の集まるコミュニティを形成している。
    https://loftwork.com/jp/people/kousuke_kinoshita

FabCafe Newsletter

月1回刊行!新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。

FabCafeのビジネスサービス

企業の枠をこえて商品・サービスをともに作り上げていく
FabCafeのオープンイノベーション