Event report

2018.5.2

”OTO” Kyoto Audible Research Open Meeting #3 レポート

木下 浩佑

FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー・Fabディレクター / MTRL プロデューサー

2018年5月2日に開催した、“OTO” Kyoto Audible Research 第3回Open Meetingの様子をお届けします。
今回は、「即興演奏」からコミュニケーションを考える一夜。

ミーティング前半は、「即興に即興でオーダーする」をキーワードに、参加者を「演奏者」と「観客」にその場で分けての即興ライブを体験しました。観客は、スマートフォンを用いて演奏者に短いコメントでのオーダーを投稿します。すると、スクリーンに皆からの投稿が映し出され、演奏者はそれに反応しながら演奏を展開していきます。
寺内さん曰く “直接民主制” の即興演奏。「この演奏がいいものになるのも、いまいちになるのも、オーダーを出すみなさんの責任です」ということばどおり、全員が主体的に参加して影響し合うことで、この場でしか生まれ得なかった音楽が鳴り響きました。(そして皆とても楽しそうでした!)

後半は、耳を自分の手で触って様々な音を奏でる(その音は演奏者本人にしか聴こえない)「耳の音楽」を皆で演奏し、映像作品「くちづけ口琴」や投稿サイト「密かな音楽の愉しみ」といった寺内さんのプロジェクトを紹介するなど、「閉じたコミュニケーション」をキーワードに展開。音そのものを聴く・聴かせることではなく、音にまつわる体験や嗜好を共有にすることで生まれるコミュニケーションについて気づきを得る機会となりました。

第2回に引き続き実施した飛び込みプレゼンテーションは、Kickstarterでクラウドファンディング中のカホン演奏ロボット “Cabot” 。ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!!!(text : 木下浩佑[MTRL KYOTO])

▼当日の写真はFlickrからもご覧いただけます。
https://www.flickr.com/photos/mtrl/albums/72157693256709492

▼ “OTO” Kyoto Audible Reserchのfacebookグループはこちらから。
https://www.facebook.com/groups/703632153172601/
… コミュニティの活動趣旨に賛同いただける方はどなたでも大歓迎ですので、ご興味ある方はぜひご参加ください!今後のイベント開催時のご案内なども、こちらでお知らせします。

 

Author

  • 木下 浩佑

    FabCafe Kyoto コミュニティマネージャー・Fabディレクター / MTRL プロデューサー

    カフェ「neutron」・ギャラリー「neutron tokyo」マネージャー、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」企画担当を経て、MTRL / FabCafe Kyotoに立ち上げより参加。カフェであると同時にコワーキングスペースやメイカースペースとしての顔も持つFabCafe Kyotoの店舗運営と年間平均100件を超えるイベント開催を通して、「コラボレーションが生まれるコミュニティスペースづくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践。オープンかつジャンルレスにものづくりに関わるクリエイター・企業の集まるコミュニティを形成している。
    https://loftwork.com/jp/people/kousuke_kinoshita

    カフェ「neutron」・ギャラリー「neutron tokyo」マネージャー、廃校活用施設「IID 世田谷ものづくり学校」企画担当を経て、MTRL / FabCafe Kyotoに立ち上げより参加。カフェであると同時にコワーキングスペースやメイカースペースとしての顔も持つFabCafe Kyotoの店舗運営と年間平均100件を超えるイベント開催を通して、「コラボレーションが生まれるコミュニティスペースづくり」「異分野の物事を接続させるコンテクスト設計」を実践。オープンかつジャンルレスにものづくりに関わるクリエイター・企業の集まるコミュニティを形成している。
    https://loftwork.com/jp/people/kousuke_kinoshita

FabCafe Newsletter

月1回刊行!新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。

FabCafeのビジネスサービス

企業の枠をこえて商品・サービスをともに作り上げていく
FabCafeのオープンイノベーション