Column

ミユキアクリルを素材に、世界にひとつだけのアクセサリーが作れます!Miyuki Bangle&Valletta KIT づくり体験レポート

[2018.12.11 update]

こんにちは、FabCafe MTRLの田中です。

FabCafe Tokyoでは、初心者でも手軽に楽しめるFab体験サービスを提供しています。

この度、新メニューとしてミユキアクリルとのコラボKIT「Miyuki Bangle」と「Miyuki Valletta」が新しく加わりました!早速このKITを利用してバレッタとバングルを作ってみたので、その様子をレポートします。

ミユキアクリルとは?

東京の下町、足立区にあるアクリル加工工場で作られるミユキアクリルは、職人の手仕事による一点もの。レースや布を封入したアクリル板から、ヴィンテージものまで。限定生産の、世界に一つのアクリルを楽しめます。

(ミユキアクリル ウェブサイト:https://www.miyukiacryl.tokyo/

アクリルバレッタ&バングルの作り方

  1. アクリルを選ぶ
    FabCafe Tokyoに足を運ぶと、お店には透明・半透明・不透明のアクリル板はもちろんのこと、ラメやパール・べっ甲・マーブルなど普段なかなか目にすることがないものまで表情豊かなアクリルたちがディスプレイされています\この中から自分好みのアクリルをひとつ選びます。かなり迷ったのですが、今回はブルーのマーブル模様のアクリルでバレッタとバングルを作ることに。
  2. レーザーカット
    まずは、FabCafeおなじみのレーザーカッターでアクリルをカット!
    ものの数秒でカットされるので、その様子を写真に撮りたい方は連写がオススメです。\
  3. アクリル曲げ
    切り出したアクリルを取り出すと、次はアクリルの成形。トースターであたため、柔らかくなったアクリルを木型にあてることで、バレッタやバングルの形を作っていきます。加熱後のアクリルは手袋ごしでも熱いほど高温ですが、スタッフが丁寧に形をつくってくれます。\こちらの木型も実はFabCafeCNCミリングマシンで制作したオリジナルの治具。
    木型にあてがう温めるあてがうの繰り返しで、形が整うまで調整をしてくれます。
  4. 金具をはんだ付け(バレッタのみ)
    はんだごてを使い、金具の爪をアクリルに埋め込むことでアクリルと金具をつけます。
    少し難しそうですが、この作業もスタッフが担当してくれるので安心です。\綺麗につけるにはコツがいるそう
  5. 完成!
    ここまで5ステップで、あっという間に可愛いバレッタとバングルが完成しました!\

応用編

手ぶらで来店してさくっと出来ることにも感動しましたが、自分用にカスタマイズ出来るのもFabCafeのKITならではですよね。
FabCafe Tokyoをよく利用するクリエイターのななちゃんとキャロルさんも、技ありバングルとバレッタの制作にチャレンジ!

応用編1:彫刻

ななちゃんは自分で作ったデザインをアクリルに彫刻!位置はスタッフと相談しながら決めることが出来ます。
レーザー加工用のデータはAdobe Illustratorで作ることが出来る他、FabCafe Tokyo店内のiPadを使ってデザインすることも可能です。

\

\

応用編2:ツーカラーアクリル

キャロルさんは2色のアクリルをカット・溶着させることで、オリジナルアクリルを制作。
普通の接着剤だと加熱時に溶けてしまうので、アクリサンデーで溶着させています。

\

\これがなかなか難しいアクリサンデー利用希望の方は、端材等で練習してから使うのがオススメです。

\余ったアクリルを活用してピアスも制作!セットでつけたくなりますね

Valletta and Bangle Campaign

FabCafe  Tokyoではキャンペーンを開催中!
FabCafe Tokyoでのバレッタ、バングルの作成中にその様子などを #FabCafe のハッシュタグをつけて投稿していただけるとお会計が¥500オフ!

\

ここ数日続く暑さにはうんざりですが、光を反射してきらきらと輝くアクリルは涼しげ。
また、バングルは男性用サイズを含めたS,M,Lの3サイズ展開をしているので、女性にも男性にも、カップルにもオススメです!

*来店後にデザインを新規作成する場合は別途時間がかかります。

レーザーカッターのスペックやデータの作り方については、よくある質問をご覧ください。

Comments: