News & Releases

2022.8.31

第2回、循環型経済をデザインするグローバル・アワード 「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2022」募集開始

FabCafe Globalと、株式会社ロフトワークは、循環型経済をデザインするプロジェクトやアイデアを募集するグローバル・アワード「crQlr Awards (サーキュラー・アワード)2022」をスタートしました。応募受付期間は、9月1日(木)から10月14日(金)まで。

「crQlr Awards」は、国内初の“サーキュラー・デザイン*”分野のアワードとして、2021年にスタート。循環型経済の実現を目指す⼤規模なプロジェクトから計画中のアイデアまでを募集し、審査・表彰するとともに、持続可能な経済システムづくりを目指すプレイヤーたちが業界や国を超えてつながることで、新たな価値を創出するコミュニティの形成を目指します。

2回目の開催となる今回も、「直線型ではなく循環型の評価を行う」 「名声ではなく、行動のためのアワード」「グローバル視点を獲得できる」の3つの指標を掲げます。審査は、国内外の第一線で多様な分野で活躍する5名の審査員に、それぞれの地域で持続可能な活動に取り組む5名がFabCafe Globalから加わり、合計10名によるメンバーともに循環型経済の実現を目指す企業や人を応援し、その実現を模索します。

そして新たに「crQlr Awards 2022 特別賞」を設置。カテゴリやコミュニティの大小を問わず、コミュニティが持つ課題を解決するために生まれた活動・プロジェクトを募集し表彰します。

さらに、プロジェクト同士が有機的に繋がることを目指すイベント「crQlr Meetup」も開催。

私たちの生活、環境、経済に寄与するサーキュラーなアイデア・プロジェクトの参加をお待ちしています。

※ サーキュラー・デザインとは…循環型経済(サーキュラーエコノミー)を目指す、製品やサービスのデザインのこと。デザインは仕組みの設計も含む。

審査員には、新たなビジョン「Zero Waste Design」を掲げ、産業廃棄物中間処理業で減量化・リサイクル化率98%を達成している石坂産業株式会社 代表取締役 石坂典子氏や、「DGTL Festival」を開催するDGTL FestivalのMitchell van Dooijeweerd、アップサイクル生地に新しい命を吹き込むためのワンストップサービスを提供するmoreloopの共同創業者Amorpol Huvanandanaら、国内外の多様な分野のプロフェッショナル5名が参加。さらに世界に拠点を持つ、FabCafe Globalから5名が加わります。

  • 石坂 典子氏(石坂産業株式会社 代表取締役)

  • Mitchell van Dooijeweerd(DGTL Festival / Revolution Foundation サステナビリティ・マネージャー)

  • Yeliz Mert(Global Landscapes Forum ナレッジシェアリングコーディネーター)

  • Amorpol Huvanandana(moreloop 共同創業者) 

  • Richie Lin(MUME Hospitality Group 創業者&CEO/ MUME 料理長)

  • Lingchih Yang(FabCafe Toulouse 共同創業者)    

  • Jérémie Bellot(Duc at Château de Beaugency オーナー / クリエイティブディレクター/ FabCafe Strasbourg 創業者)

  • 小川 敦子(ロフトワーク京都 アートディレクター) 

  • 岩岡 孝太郎(株式会社飛騨の森でクマは踊る 代表取締役 CEO)

  • 木下 浩佑(MTRL/FabCafe Kyoto マーケティング&プロデュース)

カテゴリやコミュニティの大小を問わず、コミュニティが持つ課題を解決するために生まれた活動・プロジェクトを募集し、3点を表彰します。

  • 岩岡 孝太郎(株式会社飛騨の森でクマは踊る 代表取締役 CEO)

  • FabCafe Global Prize審査員/FabCafe創設メンバー、株式会社飛騨の森でクマは踊る 代表取締役 CEO 岩岡孝太郎からのステートメント(一部抜粋)

    crQlr Awards 2022の特別賞では、自分が属しているコミュニティの課題を解決しようとする「ボトムアップな活動」にスポットライトを当て、勇気を持って表現してくれたことに敬意を表したいと思います。仲間が加わることはきっとあなたの活動の力になるし、あなたの活動に刺激を受けた誰かが始める活動への連鎖となるでしょう。地域と言ってもそこに暮らす人にとっては十分に広い社会です。コミュニティの大小は問いません。crQlr Awards 2022を通じて、隣の人や隣のコミュニティへと繋がることで、やがて大きなサーキュラーとなることを期待しています。

    ステートメント全文はこちら : https://awrd.com/award/crqlr-2022/tab/special-prize

     

集まったアイデアを評価して賞を決定し、終了する「直線的型の」デザインアワードとは異なり、サーキュラー・アワードは循環型のアワードを志向します。授賞式等、アワードに直接関係するイベントに限らず、応募者全員が参加できるネットワーキングイベント等を行うことで新しい交流や、アイデアの改良ができる機会を提供します。

アイデアの審査を行うのは10名の国内外の審査員たち。フィードバック、メンタリング、イベントでのPR などを通してプロジェクトの実現のサポートを目指します。応募可能なアイデアは循環型経済の実現に向けた大規模なプロジェクトから、計画中のアイデア、会社の中でボツになったアイデア、ひそかに心で温めているアイデアでもOK!

FabCafe Global の複数拠点で授賞式「オープンフィードバック」を実施。審査員・各国のチェアマンと受賞チームをゲストに、評価ポイントや質問、ディスカッションの場を提供します。

募集要項
サーキュラー・デザインに関わるものであれば、ジャンルは問いません。私たちの生活、環境、経済に寄与するサーキュラーなアイデア、プロジェクト、プロダクト、進行中のプロトタイプや作品もお待ちしています。
募集期間
2022年9月1日(木)~2022年10月14日(金)正午12 時(日本時間)
応募資格
年齢・性別・国籍不問/ 社会人、学生不問/個人・企業・団体・グループ可
応募費用
無料
応募方法
本アワードは、株式会社ロフトワークが運営するAWRD(https://awrd.com)を使⽤して応募を受け付けます。
審査基準
  • クリエイティブであるか?サーキュラーエコノミーへの洞察があるか? 
  • 資源循環だけでなく、環境に対してポジティブな影響を与えられているか?
  • 循環型経済を目指す社会、企業の課題に対し、解決策を示しているか?
カテゴリー
マテリアル、ニューデザイン&アプリケーション、インパクト、プレッジ(チャレンジ)
プライズ
10名の審査員が、それぞれの視点で5点ずつ選び、独自の賞の名前とコメントを授与します。40-50のプロジェクトが受賞予定です。
  • 募集概要 カテゴリやコミュニティの大小を問わず、コミュニティが持つ課題を解決するために生まれた活動・プロジェクトを募集し、3点を表彰します。
  • 審査基準 crQlr Awards 2022 特別賞では、下記の視点のいずれかに当てはまる応募プロジェクト・アイデアを評価します。
    • “地域資源の活用”:素材や知見などの、地域資源をどのように活用して、課題に取り組んでいるか?
    • “コミュニティから始まり、持続される”:地域コミュニティでの活動を通じて、どのようにその活動を持続させているか?
    • ”天然資源の再生”:どのように廃棄物や汚染を排除し、天然資源を再生しているか?
  • 第一線で活躍する国内外の有識者である審査員から、独自の賞の名前とコメントを授与 (コメントはクリエイティブ・コモンズとして扱われます)
  • 循環型経済の取り組みを周知・PRしていく活動の後押しとなる「crQlr」認定キットを授与
  • FabCafe、ロフトワーク、IDEAS FOR GOOD、Circular Economy Hub、他各種メディアスポンサー媒体への露出によるプロジェクトのPR
  • オンライン / オフラインイベントでのオープンフィードバック、ディスカッション(一部受賞者のみ)
  • 事業計画、サービスのブラッシュアップ、ビジネスマッチング
  • 循環型経済を目指す取り組みを実施している、またはこれから取り組みたいと考えている企業・団体・自治体
  • 循環型経済をデザインするプロジェクト、プロダクトを手掛けるスタートアップ・デザイナー

応募期間 … 2022年9月1日(木)~2022年10月14日(金)

審査期間 … 2022年10月31日(月)~2022年11月11日(金)

受賞発表 … 2022年12月

オンライン授賞イベント… 2023年1月〜2月

循環型社会に向けた取り組みを行う「未来のつくり手」たちが有機的に繋がることを目指すイベント「crQlr Meetup」を開催。

「サーキュラー・エコノミー」のプレイヤーが集うミートアップ @名古屋

サーキュラー・エコノミーやサスティナビリティなど循環型社会に向けた取り組みにチャレンジしている人・活動と出会えるリアルイベント。多種多様なバックグラウンドの3人のクリエイターや企業のみなさまが、「サーキュラー・エコノミー」にまつわるショートプレゼンテーションを行います。


日時:2022年9月2日 (金) 18:30〜20:15
場所:FabCafe Nagoya
定員:25人程度 (事前予約制)
参加費:ワンドリンク付き1100円
申し込みURL:https://fabcafe.com/jp/events/nagoya/220902-cmu-ngy-vol1/

共催:Tokai Circular Economy

循環型経済に向けたプロジェクトの潮流、そして、昨年実施した ‘crQlr Awards(サーキュラーアワード)’の受賞者をお迎えし、最先端のケーススタディをご紹介。パネルディスカッションでは、プロジェクトの裏側として、どのようにスタートしプロセスをデザインすればいいのか?成果の考え方は?など、これからプロジェクトを始める方・現在プロジェクトを推進中の方にも参考にいただける情報をディスカッションしていきます。

日時:10月4日(火)15:00〜17:00
場所:オンライン
言語:日本語
参加費:無料
定員:150名
主催:ロフトワーク、FabCafe Global、AWRD
協賛:IDEAS FOR GOOD、Circular Economy Hub
詳細URL : https://fabcafe.com/jp/events/tokyo/crqlr_202210/

本年度のcrQlr Awards特別賞の紹介と、地域のニーズに合わせた循環型プロジェクトの成功事例を紹介します。飛騨市にあるFabCafe Hidaのメンバーが登壇。地域で余っていた木材をイノベーティブに活用することで、飛騨の森を再生し、伝統的な木工文化を守り、コミュニティを活性化してきた経験と、そこで培われた知識をお伝えします。 

日時:9月末に詳細発表
場所:オンライン
言語:英語
参加費:無料
主催: FabCafe Global、ロフトワーク、AWRD
協賛:IDEAS FOR GOOD、Circular Economy Hub

循環型経済の実現に欠かせない「サーキュラー・デザイン」を実践するため、既存の産業における実践的なノウハウだけでなく、国内外の事例に触れて視野を広げ、起業家やアーティストなど幅広い分野のクリエイティビティを活用するための国内初「サーキュラー・デザイン」分野のアワードです。
昨年のアワードでは、企業や団体、スタートアップ、デザイナーなど世界24カ国から204点のプロジェクトが集まり、63のプロジェクトが受賞。受賞プロジェクトには、循環経済の取り組みを周知・PRしていく活動の後押しとなる「crQlr」認定キットが授与されました。

▼受賞プロジェクト一覧
URL:https://crqlr.com/2021/ja/announce/

  • FabCafe Global

  • 株式会社ロフトワーク

  • IDEAS FOR GOOD

  • Circular Economy Hub

本プレスリリースのお問い合わせ
ロフトワーク広報 pr@loftwork.com

Author

  • FabCafe編集部

    FabCafe PRチームを中心に作成した記事です。

    この記事に関するご意見やご感想は、ぜひお気軽にこちらからお寄せください。
    お問い合わせフォーム

    FabCafe PRチームを中心に作成した記事です。

    この記事に関するご意見やご感想は、ぜひお気軽にこちらからお寄せください。
    お問い合わせフォーム

FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。

FabCafeのビジネスサービス

企業の枠をこえて商品・サービスをともに作り上げていく
FabCafeのオープンイノベーション