News & Releases

2022.9.15

FabCafe Nagoya2周年記念 “多様性”に満ちた「オリジナルブレンドコーヒー」を提供開始  9/18 限定 コーヒーバックをプレゼント!

世界3大陸・3種類のシングルオリジンコーヒーを贅沢にブレンド。初のブレンドコーヒーを、どうぞお試しください!

東 芽以子

FabCafe Nagoya アシスタントディレクター

FabCafe Nagoyaを “多様”な空間にしてくれている あなたに!

今月で開店2周年を迎えるFabCafe Nagoya。

“ものづくりスピリット”を持つビジネスパーソンやエンジニア、クリエーターにインフルエンサー、それにママ、パパ、キッズまで!お客様はとてもカラフルです。

皆さまがつくり出してくださる“多様性”に満ちたカフェシーンを象徴するような個性溢れるコーヒーで、日頃のご愛顧に感謝したい…。

そこでFabCafe Nagoyaでは、今回初めてブレンドコーヒーをプロデュースしました。出来上がったのは“多様性”に満ちたオリジナルコーヒー。その誕生ストーリーをレポートします!

FabCafe Nagoya バリスタ 甲斐慶太

「ものづくり」カフェのバリスタもまた「ものづくり」をする人。1杯のコーヒーをもっと特別に仕上げるため、日々模索しています。

オープンからの2年間、提供してきたのは“シングルオリジンコーヒー”。単一農園のコーヒー豆のみを使うシングルオリジンコーヒーは、その年の農園の環境や天候(テロワール)までも味わうことができる、実にビジュアルかつセンシャスな1杯です。

生産地の個性が味わえる“シングルオリジンコーヒー”をもっと楽しむ方法はないか。バリスタが行きついたアイデアは「ブレンド」することでした。

 

シェアロースターサービスを提供する「Little Flower Coffee」の店内

ブレンドするコーヒー豆を自分たちの目で確かめたい。そう思ったFabCafe Nagoyaのバリスタチームが向かったのは、尾張瀬戸のカフェ Little Flower Coffee。

ロースター(焙煎機)のシェアリングサービスを行うこの店では、誰でも生豆から好みの焙煎加減を設定しオリジナルのコーヒー豆をつくることができます。

 

サンプルをカッピング!

豆を選ぶ前に、まずは「カッピング」と呼ばれる評価方法でサンプルをチェックします。

ブレンドコーヒーをつくるためバリスタが選んだのは、アジア・インドネシア、中南米・グァテマラ、アフリカ・ケニア産のコーヒー豆。

3大陸の豆を使うことで、世界展開するFabCafeの多様性も表現したいという想いが込められています。

 

3回に分けて香りをチェック!

カッピングでは「グラインド(挽きたての豆)」「クラスト(お湯を注いだ時の豆)」「ブレイク(豆を取り除く時)」の3回のタイミングで香りをチェックします。

今回は3種類の豆を全て荒挽きで用意。9gの豆に91℃のお湯を注いで4分蒸らし、カップに浮いた豆を取り除いた3分後に、スプーンで吸い込むようにコーヒーを口に含んでフレーバーを確認します。

 

“嗅覚”で感じるフレーバー

味覚の8割は嗅覚で認識することから、テイスティングでバリスタが特に吟味するのは、鼻に抜けていく時のフレーバー。

ブレンドした際のバランスを想像しながら、それぞれの豆を丁寧に評価しました。

  • インドネシア

    • ジャワ フリンサ農園
    • フレーバー: ドライフルーツ
    • シロップのようなまったりとした質感と濃厚な甘み

     

  • グァテマラ

    • ラ・コリーナ農園
    • フレーバー:ハチミツ
    • フローラルな甘い香りの余韻がどこまでも続く

     

  • ケニア

    • カリアイニ農園
    • フレーバー: クランベリー
    • フレッシュな果実をかじったような甘酸っぱい酸味

生豆は薄黄色でこの時点での香りは薄い(写真:左上)、焙煎したて豆をチェックするバリスタ(写真:左下)

ドイツの老舗PROBAT社のロースターで、焙煎時間・火力・風量などをプロファイルし焙煎スタート!

焙煎したてのコーヒー豆の香りもチェックして、完璧な出来上がりを確認します。

 

焙煎が終わっても、まだ作業は続きます。コーヒー豆の虫食いや変色、そしてゴミなどが混ざっている場合、ハンドピックで取り除きます。

 

最高の1杯をお客様にお届けするため全ての工程で品質を丁寧に確認し、ようやく出来上がった3種類のシングルオリジンコーヒー豆。

この後、豆の香りとフレーバーを深く理解したバリスタが、それぞれの豆の個性を損うことなく感じてもらえるパーフェクトなバランス比を決定。ケニア:インドネシア:グアテマラ=1:1:2にブレンドしました。

 

3大陸3種類のシングルオリジンコーヒー豆を使ったFabCafe Nagoya初の「オリジナルブレンドコーヒー」は、9月18日(日)から下記の価格で提供を開始します。

また初日18日限定で、ドリンクorフードをご購入のお客様に、オリジナルコーヒーバックをプレゼントいたします!(数に限りがございますことご了承下さい。)

“多様性”がコンセプトの2周年記念「オリジナルブレンドコーヒー」。これからも、皆様がFabCafe Nagoyaをよりカラフルに育てて下さることを願いながら、ご来店をお待ちしています!

  • オリジナルブレンドコーヒー

    • プアオーバーコーヒー ¥640(税込)
    • エアロプレスコーヒ ¥640(税込)

       

            

  • オリジナルブレンドコーヒーバック

    • 1個    ¥250(税込)
    • 3個セット ¥700(税込)

Author

  • 東 芽以子

    FabCafe Nagoya アシスタントディレクター

    新潟県出身、北海道育ち。仙台と名古屋のテレビ局でニュース番組の報道記者として働く。司法、行政、経済など幅広い分野で、取材、撮影、編集、リポートを担い、情報を「正しく」「迅速に」伝える技術を磨く。

    「美しい宇宙」という言葉から名付けた愛娘を教育する中で、環境問題に自ら一歩踏み出す必要性を感じ、FabCafeNagoyaにジョイン。

    「本質的×クリエイティブ」をテーマに、情報をローカライズして正しく言語化することの付加価値を追求していく。

    趣味はキャンプ、メディテーション、ボーダーコリーとの戯れ。



    新潟県出身、北海道育ち。仙台と名古屋のテレビ局でニュース番組の報道記者として働く。司法、行政、経済など幅広い分野で、取材、撮影、編集、リポートを担い、情報を「正しく」「迅速に」伝える技術を磨く。

    「美しい宇宙」という言葉から名付けた愛娘を教育する中で、環境問題に自ら一歩踏み出す必要性を感じ、FabCafeNagoyaにジョイン。

    「本質的×クリエイティブ」をテーマに、情報をローカライズして正しく言語化することの付加価値を追求していく。

    趣味はキャンプ、メディテーション、ボーダーコリーとの戯れ。



FabCafe Newsletter

新しいTechとクリエイティブのトレンド、
FabCafeで開催されるイベントの情報をお伝えします。

FabCafeのビジネスサービス

企業の枠をこえて商品・サービスをともに作り上げていく
FabCafeのオープンイノベーション